Mazn.net

やってみて 調べてみて 苦労しなけりゃ 箱は動かじ

OpenStackをインストール中にはまった@Ubuntu 12.04

      2013/07/15

OpenStack は様々なコンポーネントがあるため、インストールのための支援ツール(?)devstackなるものがあるようです。

勉強会の資料を見つけたので、これを参考にインストールしていたのですが、./stack 実行時に応答が返ってこなくなりはまりましたのでメモ残しておきます。

普段pythonやpipコマンドを使っている人は大したことないかもしれませんが、上記インストール手順のように新規OSインストールでやるとpipコマンドでpythonのモジュールをインストールする箇所で止まってしまうようです。

具体的には、実行中にstack.shスクリプト内で以下のようなコマンドが発行されているようですが、このコマンド実行中に止まってしまいました。

$ sudo PIP_DOWNLOAD_CACHE=/var/cache/pip HTTP_PROXY= HTTPS_PROXY= NO_PROXY= /usr/bin/pip install --use-mirrors -r python_glanceclient.egg-info/requires.txt

上記コマンドは/opt/stack/python-glanceclient/python_glanceclient.egg-info/requires.txtに記載されているpythonモジュールをインストールしているところですが、実際にこれを手動で実行するとやはり止まりましたので、以下の方法で対策を施しました。

  • /var/cache/pip ディレクトリの作成
    • PIP_DOWNLOAD_CACHEで指定されているディレクトリ /var/cache/pip がなかったので、rootユーザで作成しました。
  • ミラーサーバの登録
    • pip に–use-mirrors が指定されていますが、pip の設定にミラーサイトが定義されていないため止まっているようです。なので、openstack ユーザの ~/.pip ディレクトリにpip.confを作ればよいというのがわかったのですが、.pip ディレクトリのオーナーがrootになってしまっていました。おそらく新規OSインストールで、一度もpipコマンドを手動で使ったことがない状況で、stack.sh が sudo でpipコマンドを実行したためだと思われます。よっと、chownで~/.pipディレクトリと、その下にあるpip.logファイルのオーナーをopenstackに変更し、さらに、~/.pip/pip.config を以下のように記述しました。
[install]
use-mirrors = true
mirrors =
    http://b.pypi.python.org
    http://c.pypi.python.org
    http://d.pypi.python.org
    http://e.pypi.python.org
    http://f.pypi.python.org

以上で、stack.sh を実行し直すと、無事インストールが完了しました。
※ ちなみにscreenコマンドは使わないほうがよいとのこと。

 

ちなみに、devstackのバージョンは3bd75a8d019290c602daf5f4c313513b3791657dで、使用したlocalrcは以下です。

HOST_IP=192.168.0.100
ADMIN_PASSWORD=openstack
MYSQL_PASSWORD=$ADMIN_PASSWORD
RABBIT_PASSWORD=$ADMIN_PASSWORD
SERVICE_PASSWORD=$ADMIN_PASSWORD
SERVICE_TOKEN=tokentoken
#FLAT_INTERFACE=br100

disable_service n-net
disable_service n-obj
enable_service q-svc
enable_service q-agt
enable_service q-dhcp
enable_service q-l3

ENABLE_TENANT_TUNNELS=True

FIXED_RANGE=172.24.17.0/24
NETWORK_GATEWAY=172.24.17.254
FLOATING_RANGE=10.0.0.0/24

NOVA_BRANCH=stable/folsom
GLANCE_BRANCH=stable/folsom
KEYSTONE_BRANCH=stable/folsom
HORIZON_BRANCH=stable/folsom
CINDER_BRANCH=stable/folsom
QUANTUM_BRANCH=stable/folsom

 

ログインは、admin ユーザで、パスワードはopenstackになります。

OS再起動した場合は、以下のコマンド叩く必要があるようです。

$ sudo ip addr add 10.0.0.1/24 dev br-ex
$ sudo ip link set br-ex up
$ sudo route add -net 172.24.17.0/24 gw 10.0.0.2
$ sudo losetup -f --show /opt/stack/data/stack-volumes-backing-file

起動スクリプト作っておけば便利かもね。

 - IT技術, サーバ構築 , ,

336px

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
Raspberry Pi2でHDMIからmp3の音を出す@Ubuntu 14.04

Raspberry Pi2 にUbuntuをインストールして、コマンドラインから …

no image
ddコマンドと圧縮・展開@CentOS 5

dd コマンドの便利な使い方のあれこれです。 通常ddコマンドは、if, ofの …

no image
vimでシンタックスのハイライトがおかしくなる

vim では、テキストファイルの種類に応じて色をつけてくれる機能(ハイライト機能 …

no image
githubへのhttps(ssl)アクセスに証明書を使う@Cygwin

Cygwin上のgitで、githubからhttpsでcloneしようとしたら証 …

no image
SSHキーのfingerprint確認

最近 GitHub の脆弱性つかれたとかで、ssh の fingerprint …

no image
Ctrl-Sの端末ロックを無効にする

bashではCtrl-Sを入力してしまうと端末がロックされた状態になり何も受け付 …

no image
国別 IP アドレス割り当てリスト

サーバを立てているとあちこちから不正アクセスがくるもので、特に不正アクセスが多い …

no image
wuzzを使ってHTTPベースのAPIを手軽に実行@Linux with Docker

wuzz というAPIを手軽に叩きながら動作を確認するツールを使ってみた。 ちょ …

no image
Windows 10のインストールイメージ(ISO)をダウンロード

Windows 10 のインストールメディア(ISO)のダウンロードツールが公開 …

no image
Sakura VPS使ってみた&真っ先にやったこと@CentOS 5

Sakura VPS を使ってみました。契約完了後、30分程度で設定完了のメール …