Mazn.net

やってみて 調べてみて 苦労しなけりゃ 箱は動かじ

Go言語の構造体をネスト

      2019/02/05

最近GO言語を勉強していて、ネスト(入れ子)された構造体のフィールドにアクセスする際のことをメモしておきます。

以下のように、中にmydata1をもつ構造体maindataを作ってみます。

package main

import "fmt"

type mydata1 struct {
    a int
    b int
    c int
}

type maindata struct {
    m1 mydata1
    e  int
}

func main() {
    d1 := mydata1{a: 11, b: 12, c: 13}
    mdata := maindata{m1: d1, e: 99}
    fmt.Println(mdata)
    fmt.Println(mdata.m1.a)
    fmt.Println(mdata.m1.b)
    fmt.Println(mdata.m1.c)
    fmt.Println(mdata.e)
}

上記のように、mydata1は、m1というフィールド名で定義されているので、mydata1のa~cにアクセスするには、mdata.m1.X と書く必要があります。上記を実行すると以下のようになります。想定通りですよね。

{{11 12 13} 99}
11
12
13
99

 

maindata構造体を定義するときに、フィールド名を省略することができるようです。省略すると、以下のようにmaindataのフィールド名を省略し直接mydata1のフィールド名にアクセスできるようです。なお、構造体を初期化する時、フィールド名が無いので型名(mydata1)を使うようです。

package main

import "fmt"

type mydata1 struct {
    a int
    b int
    c int
}

type maindata struct {
    mydata1
    e int
}

func main() {
    d1 := mydata1{a: 11, b: 12, c: 13}
    mdata := maindata{mydata1: d1, e: 99}
    fmt.Println(mdata)
    fmt.Println(mdata.a)
    fmt.Println(mdata.b)
    fmt.Println(mdata.c)
    fmt.Println(mdata.e)
}

これを実行すると以下のようになります。

{{11 12 13} 99}
11
12
13
99

では、以下のように、maindataに、mydata1と同じフィールド名があるとどうなるのでしょうか?

package main

import "fmt"

type mydata1 struct {
    a int
    b int
    c int
}

type maindata struct {
    mydata1
    a int
}

func main() {
    d1 := mydata1{a: 11, b: 12, c: 13}
    mdata := maindata{mydata1: d1, a: 99}
    fmt.Println(mdata)
    fmt.Println(mdata.a)
}

これを実行すると、以下のように、親(ネスト元)のフィールドaの値が優先されるようです。

{{11 12 13} 99}
99

では、ネストする構造体が2つ以上あり、その構造体に同じフィールド名があるとどうなるのでしょうか?やってみます。

import "fmt"

type mydata1 struct {
    a int
    b int
    c int
}

type mydata2 struct {
    a int
    b int
    c int
}

type maindata struct {
    mydata1
    mydata2
    a int
}

func main() {
    d1 := mydata1{a: 11, b: 12, c: 13}
    d2 := mydata2{a: 21, b: 22, c: 23}
    mdata := maindata{mydata1: d1, mydata2: d2, a: 99}
    fmt.Println(mdata)
    fmt.Println(mdata.b)
}

これを実行すると、以下のようにmydata1にもmydata2にもbというフィールドがあって曖昧なため、コンパイル時にエラーになりました。

./main.go:28:19: ambiguous selector mdata.b

なお、上記はmdata.bにアクセスしていますが、mdata.aの場合、親にaというフィールドがあるため、コンパイルエラーにならず、99が表示されます。

以上、GO言語の実験でした。

環境 : GOバージョン 1.11.4 on Linux

 - IT技術, プログラミング

336px

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

graboidでDockerイメージをダウンロード

Dockerを実行しているサーバがインターネットに接続されていないオフライン環境 …

no image
rpmが削除できない@CentOS 5.2

rpm -e でパッケージ削除中に誤ってCtrl-Cを押してしまい、中途半端に削 …

no image
pptpサーバの構築@CentOS 5.8

pptpサーバ構築時のメモ書き。 # yum install ppp pptp …

no image
SquirrelMailの添付ファイルサイズ変更@Debian Etch

SquirrelMailで送信できる添付フィルのサイズがデフォルトだと2Mのよう …

no image
ポート監視やwatchdogで簡易サーバ監視@CentOS 5

アカウント共有型のレンタルサーバならサーバが落ちても、管理者の方が監視してくれて …

no image
DVD-Rに4倍速で書き込みできない@GSA-4040B

数年前に発売されたDVDマルチドライブ GSA-4040Bを持っているのですが、 …

no image
日本語入力のON/OFFのキーを変更する@Fedora 17

Fedora 17 のデフォルトの日本語入力切り替えのキーは、Ctrl + Sp …

no image
PostgreSQL 9.0 レプリケーション機能を使ってみる @ RHEL5 x86_64

PostgreSQL 9.0 がリリースされましね。早速目玉機能の一つである、レ …

no image
mysqldump でのバックアップで文字化けする

MySQLのバックアップのため、定期的にmysqldumpでバックアップしている …

no image
minttyの色変更を変更する@Cygwin 1.7

最近、Cygwin 1.7でコンソールにminttyを使用してます。 このmin …