Mazn.net

やってみて 調べてみて 苦労しなけりゃ 箱は動かじ

CentOS 7からWindowsにリモートデスクトップ接続で変換キーや無変換キーを使う

   

CentOS 7にデフォルトで同梱されているリモートデスクトップクライアント(freerdp)は、変換キーや無変換キーなど一部のキーが使えません。最新のfreerdpではこれが修正されているようなので、入れ替えて使ってみました。

いちからコンパイルするのは面倒なので、バイナリを探していたところ、以下で見つけましたのでこれを使用させていただきます。(使用は自己責任です)

http://yumrepo.tntechs.com/yum-repository/local/centos/tntechs-testing/7/x86_64/

一つづつrpmをダウンロードしてもよいですが、CentOS 7用のリポジトリとして提供してくれているので、/etc/yum.repos.d/tntechs.repo というファイルを作成して、以下を記述します。

[tntechs]
name=tntechs
baseurl=http://yumrepo.tntechs.com/yum-repository/local/centos/tntechs-testing/7/x86_64/
gpgcheck=0

 

これで、yum install freerdp を実行したら、パッケージの依存関係で以下のエラーが出て失敗します。

エラー: パッケージ: vinagre-3.22.0-9.el7.x86_64 (@anaconda)
要求: libfreerdp-utils.so.1.0()(64bit)
削除中: freerdp-libs-1.0.2-15.el7.x86_64 (@anaconda)
libfreerdp-utils.so.1.0()(64bit)
次のものにより更新された: : 2:freerdp-libs-2.0.0-39.20180314gitf8baeb7.el7.tnt.x86_64 (tntechs)
見つかりません
エラー: パッケージ: vinagre-3.22.0-9.el7.x86_64 (@anaconda)
要求: libfreerdp-channels.so.1.0()(64bit)
削除中: freerdp-libs-1.0.2-15.el7.x86_64 (@anaconda)
libfreerdp-channels.so.1.0()(64bit)
次のものにより更新された: : 2:freerdp-libs-2.0.0-39.20180314gitf8baeb7.el7.tnt.x86_64 (tntechs)
見つかりません
エラー: パッケージ: vinagre-3.22.0-9.el7.x86_64 (@anaconda)
要求: libfreerdp-kbd.so.1.0()(64bit)
削除中: freerdp-libs-1.0.2-15.el7.x86_64 (@anaconda)
libfreerdp-kbd.so.1.0()(64bit)
次のものにより更新された: : 2:freerdp-libs-2.0.0-39.20180314gitf8baeb7.el7.tnt.x86_64 (tntechs)
見つかりません
エラー: パッケージ: vinagre-3.22.0-9.el7.x86_64 (@anaconda)
要求: libfreerdp-core.so.1.0()(64bit)
削除中: freerdp-libs-1.0.2-15.el7.x86_64 (@anaconda)
libfreerdp-core.so.1.0()(64bit)
次のものにより更新された: : 2:freerdp-libs-2.0.0-39.20180314gitf8baeb7.el7.tnt.x86_64 (tntechs)
見つかりません
エラー: パッケージ: vinagre-3.22.0-9.el7.x86_64 (@anaconda)
要求: libfreerdp-codec.so.1.0()(64bit)
削除中: freerdp-libs-1.0.2-15.el7.x86_64 (@anaconda)
libfreerdp-codec.so.1.0()(64bit)
次のものにより更新された: : 2:freerdp-libs-2.0.0-39.20180314gitf8baeb7.el7.tnt.x86_64 (tntechs)
見つかりません
エラー: パッケージ: vinagre-3.22.0-9.el7.x86_64 (@anaconda)
要求: libfreerdp-rail.so.1.0()(64bit)
削除中: freerdp-libs-1.0.2-15.el7.x86_64 (@anaconda)
libfreerdp-rail.so.1.0()(64bit)
次のものにより更新された: : 2:freerdp-libs-2.0.0-39.20180314gitf8baeb7.el7.tnt.x86_64 (tntechs)
見つかりません
エラー: パッケージ: vinagre-3.22.0-9.el7.x86_64 (@anaconda)
要求: libfreerdp-gdi.so.1.0()(64bit)
削除中: freerdp-libs-1.0.2-15.el7.x86_64 (@anaconda)
libfreerdp-gdi.so.1.0()(64bit)
次のものにより更新された: : 2:freerdp-libs-2.0.0-39.20180314gitf8baeb7.el7.tnt.x86_64 (tntechs)
見つかりません

vinagre は、GNOME向けのVNCクライアントらしいですが、私の環境では使ってないので、これを削除したらうまくいきました。

# yum remove vinagre
# yum install freerdp

これでxfreerdpというコマンドが使えるようになりました。

$ xfreerdp /u:mazn /f /v:192.168.0.1

/u:がユーザ名、/f がフルスクリーン、/vが接続先サーバを指定するためのオプションです。毎回コマンドで指定してもよいですが、面倒なので、同じく上記サイトで提供されているremminaというツールもインストールしました。RDPを使いたいので、remminaのrdpプラグインも一緒に入れておきます。

# yum install remmina remmina-plugins-rdp

ここで配布されているremminaですが、RDP接続時にフルスクリーンで接続するオプションが見当たりません。しかし、右Ctrl+f でフルスクリーンにすることができますので、お試しあれ。

 

リポジトリ消えた時のために、バイナリここに貼り付けておきます。

freerdp-tntechs.tar.gz

 - IT技術 , , , ,

336px

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
cygwin上にSphinxをインストール

Cygwin 上に Sphinx をインストールしたときのメモです。 pytho …

no image
VMWare Server 2.0のディスクイメージを1.0で使う

VMWare Server 2.0がリリースされて随分たちましたが、2.0系のデ …

no image
viで制御コードの入力

.vimrcといった設定ファイルを書いていると、制御コードを入力したいときがあり …

ISOイメージをUSBメモリに入れてLinuxインストール

以前、grubを手動で入れて、USBメモリからOSをインストールするようなことを …

no image
Galaxy S III(SC-06D)のroot再取得@4.1.2(MF1)

ほとんどアップデートしていない root 化されたスマホ SC-06D (4.0 …

no image
Tracの導入@Debian etch

Tracはメジャーなオープンソースのバグトラッキングシステム。 Subversi …

no image
Java スクリプト API

Javascriptではありません。Java スクリプト APIです。 JRub …

no image
BeckyからThunderbirdへのデータの移行

BeckyからThunderbirdへのデータの移行はネット上に多くの事例が掲載 …

no image
lxc-cloneでoverlayfsを使ってみる@Ubuntu 14.04

既存Linuxコンテナのディレクトリをコピーして、LXCのクローン環境を作るので …

no image
CPU数を動的に変更する@CentOS 5.5

カーネルにパラメータ(maxcpus)を与えて、OSで使うCPU数を変更できるこ …