Mazn.net

やってみて 調べてみて 苦労しなけりゃ 箱は動かじ

標準出力にタイムスタンプを付与する@Linux

   

シェルスクリプトの実行結果をファイルに保存する時など、タイムスタンプが欲しい時があります。いくつか方法はあると思いますが、ここではLinuxに標準でインストールされてるawk使って簡単に実現してみます。

$ ping 172.16.0.1 | awk '{print strftime("%F %T ") $0; fflush();}'
2017-07-02 21:34:29 PING 172.16.0.1 (172.16.0.1) 56(84) bytes of data.
2017-07-02 21:34:29 64 bytes from 172.16.0.1: icmp_seq=1 ttl=64 time=2.44 ms
2017-07-02 21:34:30 64 bytes from 172.16.0.1: icmp_seq=2 ttl=64 time=2.01 ms
2017-07-02 21:34:31 64 bytes from 172.16.0.1: icmp_seq=3 ttl=64 time=1.95 ms
2017-07-02 21:34:32 64 bytes from 172.16.0.1: icmp_seq=4 ttl=64 time=2.09 ms

 

簡単ですね。スクリプト内で毎回awkを呼び出すのは面倒な場合は、coproc コマンドやexecを組み合わせてみましょう。

#!/bin/bash

TTY=`tty`
coproc awk '{print strftime("%F %T ") $0; fflush();}' > $TTY
exec >&${COPROC[1]} 2>&1

ping 172.16.0.1

 

coproc で awk コマンドをバックグラウンドで起動し、awkの標準出力を自分のttyにリダイレクトします。さらに、exec スクリプト内の全標準出力・標準エラー出力をcoprocで起動したawkの標準入力にリダイレクトしています。

結果、ping の出力結果が全てがawk経由で自分のターミナル上に出力されます。

 - IT技術, サーバ構築 , , , ,

336px

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
lxc-cloneでoverlayfsを使ってみる@Ubuntu 14.04

既存Linuxコンテナのディレクトリをコピーして、LXCのクローン環境を作るので …

no image
tarファイルを解凍せずに中身をみる@Linux

tarファイルの中身を見るのに、小さなファイルなら解凍して中身を展開すればよいで …

no image
CDやDVDの中身が見れない@Windows Vista

最近悪名高いWindows Vistaを使っているのですが、一通り設定や必要そう …

no image
Windowsでの自動起動ソフトウェアを制御する@Windows XP

Windowsの起動時に自動で起動するソフトウェアは、全てのプログラムのスタート …

no image
オフラインファイルで特定のファイルの同期ができない

Windowsにはオフラインファイルという機能があります。この機能を用いることで …

no image
bash使用時にCtrl-dでログアウトさせない

bashではCtrl-○でいろいろな機能が使用できますが、たまに間違って押してし …

no image
パイプでつないだコマンドの戻り値を調べる@bash

シェルスクリプトで、実行したコマンドの戻り値を知る方法は有名ですよね。 以下のよ …

no image
chromeに独自のproxyを設定

Windows版のchromeのproxyの設定を開くと、システム(IE)のpr …

no image
Android のセキュリティ確保したけりゃこれ使ってみろ

最近は、Androidもマルウェアやウィルスにさらされてくるようになりました。 …

no image
日本語入力 ON/OFF キー変更@Fedora 13

今までscim というインプットメソッドがメジャーだったような気がしていたのです …