Mazn.net

やってみて 調べてみて 苦労しなけりゃ 箱は動かじ

noRoot Firewall に広告ブロック用のドメインリストをインポート

   

root なしでAndroidのアプリのNW通信を遮断できる便利なアプリ noRoot Firewallを使っているのですが、広告表示を抑えるためにドメイン名を登録するのは手動でしかできず、大量のドメイン登録は骨が折れます。

そこで、それを自動化できるスクリプト norootfirewallAdsFilterConverter.sh を使ってみました。

このスクリプトを使うには、PC に adb がインストールされている必要があります。また bash や tar pax 等の Unix 系コマンドや sqlite が使える必要があり、今回は Windows + Cygwin を使ってみました。
※ Cygwin のインストール、使い方ははここでは説明しません。

ブロックドメインリストのインポートの仕組みは、PC 上の adb コマンドを使って、スマホ上の noRoot Firewall のデータベースをバックアップし、リストをこのデータベースにメージして、スマホにこのデータベースをリストアするというものです。

このスクリプト、使うのは簡単で、zipファイルをダウンロードし、展開しておきます。また展開先のフォルダには、abe.jar ファイルが必要なので、こちらからダウンロードして配置しておきます。

スマホをUSBデバックモードにし、PCにつなぎます。

Cygwinのコンソールを開き、adb コマンドが使えるようにしておきます。そして、このスクリプトを実行します。するとこのようなメニューが出てきます。

$ ./norootfirewallAdsFilterConverter.sh

Select option:
-------------------------------------------
Run once for setup
1 Create example primary custom filter file
2 Create example filter url file
-------------------------------------------
Run in sequence to update filters, or run only one option
3 Download filter
4 Get backup.ab from device
5 Unpack backup.ab
6 Convert filter
7 Pack backup_new.ab
8 Save backup_new.ab to device
9 Exit
  -------------------------------------------
Option:

 

あとは、上から順番に実行していくだけです。

デフォルトでは、スクリプト内で以下のリストをダウンロードするように書かれており、これらのリストがそのまま適用されます。(6を実行時に選択することも可能です)

urls="https://easylist-downloads.adblockplus.org/easylist.txt
https://easylist-downloads.adblockplus.org/easylistgermany.txt
https://easylist-downloads.adblockplus.org/fanboy-social.txt
https://easylist-downloads.adblockplus.org/easyprivacy.txt
https://easylist-downloads.adblockplus.org/fanboy-annoyance.txt
https://secure.fanboy.co.nz/r/fanboy-complete.txt
https://secure.fanboy.co.nz/r/fanboy-ultimate.txt
https://raw.githubusercontent.com/Hubird-au/Adversity/master/Adversity.txt
https://raw.githubusercontent.com/Hubird-au/Adversity/master/Antisocial.txt"

 

自分専用のカスタムリストを使用したい場合は、list_primary_custom_in.txt というファイル名でリストを作成しておけばOKです。

noRoot Firewall は、ワイルドカードが使えるので、ファイルには、

*.xxxxxx.jp
*.hogehoge.jp

 

のように書けます。

変更後は、6,7,8 を再実行すれば、カスタムリストを反映できます。

 

PS
デフォルトフィルタを全部適用すると、かなり動作が重たくなってしまうので、厳選した方がよいかも

 - android, IT技術, セキュリティ

336px

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
インストールしているThunderbird 2の拡張機能と不足機能

Thunderbirdに以下のアドオンをインストールしてみました。 Auto A …

no image
Windows 10のインストールイメージ(ISO)をダウンロード

Windows 10 のインストールメディア(ISO)のダウンロードツールが公開 …

no image
日本語入力 ON/OFF キー変更@Fedora 13

今までscim というインプットメソッドがメジャーだったような気がしていたのです …

no image
Galaxy S III(SC-06D)のroot再取得@4.1.2(MF1)

ほとんどアップデートしていない root 化されたスマホ SC-06D (4.0 …

no image
WordPress プラグイン - Stat Traq導入

アクセス統計をとってくれるプラグインStat TraqをWordPressに導入 …

no image
USB3.0 メモリ (Super Talent Express DUO ST3U32EDB)

32GBのUSB3.0 のメモリが安かったので買ってみた。そろそろ東芝のUSB3 …

no image
Sony VAIO Z (VPCZ22) にLinux (Fedora 16)入れてみた

Sony VAIO Z (VPCZ22) SSDベンチマークに引き続き、Fedo …

no image
wuzzを使ってHTTPベースのAPIを手軽に実行@Linux with Docker

wuzz というAPIを手軽に叩きながら動作を確認するツールを使ってみた。 ちょ …

no image
tarファイルを解凍せずに中身をみる@Linux

tarファイルの中身を見るのに、小さなファイルなら解凍して中身を展開すればよいで …

no image
Amazonのタイムアウト

Amazon へアクセスすると、過去に利用したことがあると”こんにちは○○さん” …