Mazn.net

やってみて 調べてみて 苦労しなけりゃ 箱は動かじ

gitのbash-completionを使用してのプロンプト変更@Ubuntu 14.04

   

Git 最低限の設定@CentOS 5 でGitのbash_completionを使っていましたが、同じような設定をUbuntu 14.04 LTS上で設定したときのメモです。

結論から言うと、あまりやることありません。 bash-completion とgitをインストールするだけで、ログイン時に自動で設定は読み込まれるようです。(呼び出し元はここかな /etc/profile.d/bash_completion.sh)

# apt-get install bash-completion git

あとは、前回と同じように、プロンプトを書き換えるPS1をこのように設定するだけです。

# export PS1='\u@\h:\w$(__git_ps1 " (%s)")\$ '

毎回設定するのが面倒なら、~/.bashrcファイルに追記しておけばOKです。

 

なお、screenコマンドを使うと、bash-completionの設定が読み込まれず、コマンド実行する度に、以下のエラーが出力されます。

-bash: __git_ps1: コマンドが見つかりません

その場合は、~/.screenrc ファイルに以下の設定を書いてログインシェルと同じにすることで解決します。

defshell -bash

設定変更後はscreenコマンドに再度入り直す必要があります。

 

前回の記事と同様に、screenコマンド使用時にスクリーン番号表示するには、~/.bashrcファイルに以下のように記述します。

if [ "$TERM" == "screen" ]; then
    export PS1='\h:$WINDOW:\w$(__git_ps1 " (%s)")\$ ' 
else
    export PS1='\h:\w$(__git_ps1 " (%s)")\$ ' 
fi

screen実行時のプロンプトに、このようにスクリーン番号とgitのブランチ名が出力されるようになります。

root@ubuntu:0:/home/repository/test-repo (master)#

 - IT技術, サーバ構築, プログラミング , , ,

336px

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
rdesktopの改造@Debian etch

LinuxからWindowsのリモートデスクトップに接続するコマンドです。 De …

no image
iptablesの操作@Fedora 17

iptables を起動時に自動起動するようにする # system enabl …

no image
ApacheのNameVirtualHostのデフォルトサイト設定(含SSL)@CentOS 5

CentOS 5 のApacheで、名前ベースのバーチャルホストを構築してみた。 …

no image
Cisco IOSエミュレータDynamipsを使ってみる@CentOS 5

Ciscoのスイッチやルータの設定の勉強をしたくて、DynamipsというCis …

no image
OpenOffice 3のインストール@debian系 Linux

OpenOffice 3がリリースされたので、Linuxにインストールしてみまし …

no image
文字コード一括変換@Linux

最近のLinuxはUTF8が標準になっていますが、ちょっと昔のファイルはEUCだ …

no image
gitで複数のコミットを一つにしてマージする

自分の開発ブランチではこまめにコミットしたいけど、リリース用のブランチにはもっと …

no image
cygwinでWindowsのコマンド(ipconfig等)の文字化けを解消する

WindowsのコマンドをCygwin上で実行すると文字化けしてしまいます。これ …

no image
Mercurial 覚え書き@Fedora 13

分散型のバージョン管理システムである、Mercurial を使ってみました。 最 …

no image
Janetterのデータベースサイズが大きすぎる

ふと気づいたら、以下のフォルダのJanetterのデータベースのサイズが5GBも …