Mazn.net

やってみて 調べてみて 苦労しなけりゃ 箱は動かじ

Xprivacyを導入する@Galaxy SIII (SC-06d) 4.1.2

      2015/04/19

Glaxy-SIIIのrootをとったので、個人情報を守るためにも、Xprivacy というセキュリティアプリを導入してみます。

似たようなアプリとして、LBE Privacy Guard や、PDROID といったソフトウェアがありますが、中国製であまり信用できなかったり、インストールが大変だったりするので、Xprivacyを使ってみます。

なお、端末を壊す可能性があるので、導入は自己責任でお願いします。

 

Xposedのインストール

Xprivacy は Xposed というアプリのモジュールとして動作しますので、まずはXposed をインストールします。 XposedInstaller_2.1.4.apkをダウンロード、インストールし、Install/Update をタップし再起動します。簡単ですね。

== 2014/6/29 補足 ==
※ XposedInstaller 2.6.1 だと、Install/Update が成功せず、強制再起動してしまいます。2.6.1 の場合は、Install/Update方法が選択できて、zipからInstallを選択すると成功します。

xpposed-install

 

Xprivacyのインストール

githubにあるインストール手順を参考にインストールしていきます。

まずは、XPrivacy_1.5.apk をダウンロードし、インストールします。今回はバージョン1.5を使いましたが、バージョンアップは頻繁にされているようなので、最新版を選べばよいと思います。

Xposed アプリを起動し、Xprivacy モジュールを有効にします。

xprivacy-install

つぎに、Xposed_fix_4.1.zip をダウンロードし、内蔵ストレージのルートディレクトリに置きます。必要なファイルはAndroidバージョン毎に異なりますので、注意してください。私のAndroid バージョンは4.1なので、Xposed_fix_4.1.zip を使っています。

 

root 取得する際に使った、CWMリカバリー(cwm_for_sc06d.tar.md5)をodinで焼いて、リカバリーモード(ボリューム上+ホームボタン押しながら電源ON)で起動します。こんな画面になったら成功です。

CWMrecovery

このようにドロイド君の画面の場合失敗です。odinで焼き直して再チャレンジしましょう。

fail-recovery

CWMリカバリーの起動に成功したら、”install zip from sdcard” を選択し、”choose zip from sdcard”から、内蔵ストレージにおいたファイルXposed_fix_4.1.zipを選択します。完了後、”+++++Go Back+++++”で戻り、”reboot system now”で再起動しましょう。

 

Xprivacyの起動

Xprivacyのアプリを使ってみます。起動したらこのような画面が出てきます。xprivacy-main

デフォルトでは、システムアプリは表示されないようですね。とりあえず、DayWeekBar アプリを入れてみたので、このような画面になっています。

 

設定画面はこのような感じです。IMEIとか電話番号の欄を指定すると、アプリに制限をかけたときに、この偽の情報をアプリに伝えることができるようです(未確認)。

システムアプリをフィルタのチェックを外すと、システムアプリも個別に設定できるようになるようです。上級者向けモードにチェックを入れると、フィルタリングできる権限が増えるようです。

xprivacy-setting

メイン画面に戻って、制限したいアプリのアイコンをタップするとこのような画面になります。チェックを入れると権限を制限できるようです。三角形の”!” アイコンがついているのが、アプリが実際に使おうと試みた権限です。

xpposed-app

どのような権限を抑止できるかの詳細は、ここに一覧がありますので参考にしてみてください。素人だと関数名だけでは詳細がわからないのですが有名なアプリは推奨の設定も載っていますので参考にしてみてください。

 - android, IT技術, セキュリティ , ,

336px

Comment

  1. らっきょ より:

    はじめまして。使用機種はSC-06Dでxposed(2.6.1)のインストールがうまくいかず、検索していた結果このサイトにたどり着きました。

    私の端末では既にrootは取得しております。xposed のインストールをする際、こちらで紹介されている通りインストール方法はリカバリ自動でzipインストールを選択、再起動するまでは問題ないのですが、再起動時に署名の認証に失敗しましたという旨のエラーが出ます。
    (E:failed to verifywhole-file signiture)
    端末再起動後のxposedを見ると案の定インストールできておらず
    app_process —
    xposedbridge.jaj 54という状態になっております。
    署名の所で問題があるようなのですが、ご教授いただけますでしょうか。
    よろしくお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
Googleブック検索

まだβ版ですが、いつの間にかGoogleのブック検索というサービスが動いています …

no image
Git 最低限の設定@CentOS 5

分散型バージョン管理システムgit をCentOS 5上で使ってみた。 まずCe …

no image
vimでシンタックスハイライトの関連づけ拡張子を追加する@CentOS 5.3

vimで.shの拡張子を開くと、シェルの構文がハイライトされるし、.c を開けば …

no image
コンピュータ名でアクセスできるがIPでアクセスできない@Windows ファイル共有

タイトルのような事象がWindows のファイルの共有で発生しました。 コンピュ …

no image
echoコマンドで改行やタブを扱うには@Linux (Debian Etch)

UNIX系OSでも最も有名な部類に入るコマンドechoは、引数の文字列や変数の中 …

no image
initrd を展開しファイルを編集する @ Fedora 16

Fedora 16 Live CD の initrd を編集する必要があったので …

no image
vim-rubyのインストール@cygwin

昨日はDebian上でのvim-rubyインストールについて書いたが、今回はcy …

no image
WindowsアップデートにProxyを使用@Windows XP

Windowsのアップデートは、デフォルトではプロキシを使わないので、プロキシ環 …

no image
DLNAサーバ TVersity

PS3はDLNAクライアント機能があるため、ネットワーク上にある音楽や動画を再生 …

no image
Linuxのinitrd – イニシャルラムディスク(initial ram disk)の展開方法

Linuxカーネルはモジュール型であるため、Linux起動時に必要なモジュールは …