Mazn.net

やってみて 調べてみて 苦労しなけりゃ 箱は動かじ

レスキューモード(シングルユーザモード)で起動する@Fedora 17 (RHEL7?)

      2015/04/24

※ 2015/4/24追記 : RHEL7やCentOS7はブート画面でレスキューモードを選択できるように改善されたため、この記事のような難しい操作は不要です。

 

RHEL16まで、起動時にランレベル1(シングルユーザーモード)で起動するには、grub起動時にカーネルパラメータに”1″ というパラメータを追加すれば可能でした。これはパスワードなしでログインできるため、rootのパスワードを忘れてしまった場合などにもよく使われていました。

しかし、RHEL7からはsystemdが採用されるようなので、この方法ではランレベル1(相当)の起動はできなくなります。現時点ではまだ、RHEL7はリリースされていないので、Fedora17を例に起動方法を紹介します。

 

Fedora 17 では、systemd 採用のためそもそもランレベルとう概念がなくなりました。代わりに、レスキューターゲットエマージェンシーターゲットの二つが用意されています。

レスキューターゲット(rescue.target) は、今までのランレベル1相当(シングルユーザーモード相当)です。
一方、エマージェンシーターゲット(emergency.target) はレスキューターゲットでも起動できない、つまりルートファイルシステムもマウントできないような時に使用するためのターゲットのようです。

これらのターゲットで起動するには、最初の以下のgrub2の起動画面で、”e” を押します。

grub2boot

 

すると、grub2の設定ファイルの画面になるので、linux という行に、”systemd.unit=rescue.target” または “systemd.unit=emergency.target” というパラメータを追加します。

emergency

上記では、エマージェンシーターゲットを指定した例です。後は、F10 を押すと起動しますので、煮るなり焼くなりお好きにしてください。

 - IT技術, サーバ構築 , ,

336px

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
aufsでディレクトリを重ねてマウント@Ubuntu 14.04

aufsをUbuntu 14.04上で使ってみました。 aufsは、複数のディレ …

no image
コマンドラインのロック@CentOS 5

コンソールログインやssh接続などでコマンドラインを使用しているとき、少し席を外 …

no image
VNCで日本語入力@CentOS5

CentOSでvncserverを起動した場合、デフォルトでは日本語が入力できま …

no image
bashでの配列操作

あまりbashの配列操作を書くことがないから覚え書き。 定義方法は &#8220 …

no image
ddコマンドと圧縮・展開@CentOS 5

dd コマンドの便利な使い方のあれこれです。 通常ddコマンドは、if, ofの …

no image
gitのbash-completionを使用してのプロンプト変更@Ubuntu 14.04

Git 最低限の設定@CentOS 5 でGitのbash_completion …

Go言語の構造体をネスト

最近GO言語を勉強していて、ネスト(入れ子)された構造体のフィールドにアクセスす …

no image
qcow2のディスクイメージをマウントして編集する@Ubuntu12.04

KVMなどで使われているqcow2形式のディスクイメージは、単純なディスクイメー …

no image
システム上のユーザ一覧情報の取得

NISやLDAPなどを使用していると、きちんとと設定されているのか、誰が認証でき …

no image
screenを起動するとウィンドウの幅が変わる@RHEL6

Windows上からsshログインしたRHEL6でscreenを使うと、ウィンド …