Mazn.net

やってみて 調べてみて 苦労しなけりゃ 箱は動かじ

LVM覚え書き@Fedora14

      2011/10/08

LVMの使い方をすぐ忘れてしまうので、覚え書き。
LVM用のパーティションを用意しておいてください。ここでは/dev/sda7とします。

基本編

物理ボリューム作成する

# pvcreate /dev/sda7

確認する

# pvdisplay
 --- Physical volume ---
 PV Name               /dev/sda7
 VG Name               vol1
 PV Size               672.28 GiB / not usable 3.13 MiB
 Allocatable           yes
 PE Size               4.00 MiB
 Total PE              172102
 Free PE               171846
 Allocated PE          256
 PV UUID               xxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxx

 

ボリュームグループを、vg1という名前で作成する。

# vgcreate vg1 /dev/sda7
Volume group "vg1" successfully created

確認する

# vgdisplay
 --- Volume group ---
 VG Name               vg1
 System ID
 Format                lvm2
 Metadata Areas        1
 Metadata Sequence No  2
 VG Access             read/write
 VG Status             resizable
 MAX LV                0
 Cur LV                1
 Open LV               0
 Max PV                0
 Cur PV                1
 Act PV                1
 VG Size               672.27 GiB
 PE Size               4.00 MiB
 Total PE              172102
 Alloc PE / Size       256 / 1.00 GiB
 Free  PE / Size       171846 / 671.27 GiB
 VG UUID               xxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-zzzzzz

 

1GBのロジカルボリュームを、lvol1という名前で vol1 から切り出す

# lvcreate -L 1G -n lv1 vg1
Logical volume "lv1" created

確認する

# lvdisplay
 --- Logical volume ---
 LV Name                /dev/vg1/lv1
 VG Name                vg1
 LV UUID                xxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-wwwwww
 LV Write Access        read/write
 LV Status              available
 # open                 0
 LV Size                1.00 GiB
 Current LE             256
 Segments               1
 Allocation             inherit
 Read ahead sectors     auto
 - currently set to     256
 Block device           253:0

以上で、/dev/vg1/lv1 を普通のパーティションのように使用できます。

ちなみに、削除は、lvremove, vgremove といったコマンドを使いますし、名前を変更したいならば、vgrenameやlvrenameを使いますが、ここでは省略します。

次ページの応用編に備えて、とりあえずファイルシステム作成しておきます。

# mke2fs -j /dev/vg1/lv1

 

次は応用編

ページ: 1 2

 - IT技術, サーバ構築 ,

336px

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
CentOS 7からWindowsにリモートデスクトップ接続で変換キーや無変換キーを使う

CentOS 7にデフォルトで同梱されているリモートデスクトップクライアント(f …

no image
screenからtmuxに乗り換えてみる

screenからtmuxに乗り換えた時のメモ。 まずは、ネットの情報を参考に、~ …

no image
Flashのインストール@Fedora 17

LinuxにFlashインストールするのも随分楽になりました。 今ではAdobe …

no image
Systemtapを使ってみる@RHEL 5.5 x86_64

Systemtap を使用してみたので覚え書き。 Systemtapでは、動的に …

no image
echoコマンドで改行やタブを扱うには@Linux (Debian Etch)

UNIX系OSでも最も有名な部類に入るコマンドechoは、引数の文字列や変数の中 …

no image
LDAPサーバ構築 その2 – Sambaサーバとの連携 @ Debian etch

LDAP+SambaでPDCを構築する方法です。 # apt-get insta …

no image
Firefox 3.6.x のメモリ消費が激しすぎる

Firefox を長時間使っていると、メモリ消費が700MBを超えています。 タ …

no image
Suicaでネット決済@モバイルSuica

モバイルSuicaってネット決済できるみたい。 決済方法を見ると、ショッピングサ …

no image
rubyの文字コードについて考える

rubyでは、1.6以降漢字コードを特別に解釈しなくなったようです。 maznは …

no image
DVD-Rに4倍速で書き込みできない@GSA-4040B

数年前に発売されたDVDマルチドライブ GSA-4040Bを持っているのですが、 …