screenを起動するとウィンドウの幅が変わる@RHEL6

Windows上からsshログインしたRHEL6でscreenを使うと、ウィンドウの幅が強制的に80文字ぐらいになってしまいます。これは/etc/screenrcの設定を以下のように朱書きの部分のコメントアウトをはずせば、幅が変わることを防ぐことができます。

# Long time I had this in my private screenrc file. But many people
# seem to want it (jw):
# we do not want the width to change to 80 characters on startup:
# on suns, /etc/termcap has :is=\E[r\E[m\E[2J\E[H\E[?7h\E[?1;3;4;6l:
termcap xterm 'is=\E[r\E[m\E[2J\E[H\E[?7h\E[?1;4;6l'
terminfo xterm 'is=\E[r\E[m\E[2J\E[H\E[?7h\E[?1;4;6l'
タイトルとURLをコピーしました