Mazn.net

やってみて 調べてみて 苦労しなけりゃ 箱は動かじ

Galaxy SでGPS制度が悪い@b-mobile U300

      2013/07/15

LbsTestModeとgpssetupを以下のように設定しました。

まず、注意点ですが、LbsTestMode で Application Settings を実行すると、変更していないパラメータを勝手に上書きするようですので、LbsTestMode は gpssetup の前に実行してください。

LbsTestMode および gpssetup の開き方ですが、マーケットからLauncherPrというアプリをインストールします。インストールすると、デスクトップにショートカットを追加するときに、”Activities”という項目が出てくるので選択します。選択後少し時間がかかりますが、 さらに”LbsTestMode” の “com.sec.android.app.lbstestmode.LbsTestMode” を選びます。

同様の方法で”GpsSetup2″の”com.sec.android.app.GpsSetup2.GpsSetup” を選びます。

これで、デスクトップ上に二つのショートカットが追加されました。

次に、LbsTestMode を起動し、”Application Settings” を選択します。私は以下のような設定にしました。赤字が覚えている変更箇所です。

Settings
   Parameter Settings
       Address
            Server Type
                  @ UMTS SLP
                  + 1X PDE
                    1X MPC
            Address Type
                    IPv4
                  @ URL
                    IPv6
            Address
                  @ dcm-supl.com:7275
                  + supl.google.com:7276           ← b-mobile では必須?
       Start mode
            Start Mode
                    Cold Start
                  @ Hot Start
            SSL
                   Enable SSL
                        Disabled
                      @ Enabled
            SSL Type
                      @ VerSign
                        Thawte
                        CMCC
                        Spirent Test Equipment
                        Thales Test Server
                        CMCC Test Lab
                        BMC Test Lab
                        Google Server
       Position mode
            Position Mode
                    option1 (STANDALONE)
                  @ option2 (STANDALONE, UP MS BASED, UP MS ASSISTED)
                  + option3 (STANDALONE, 2G CP MS BASED, 2G CP MS ASSISTED, 3G CP UE BASED, 3G CP UE ASSISTED)
    Fix Request Settings
          Session Type
                   Latest Position
                 + New Position
                 @ Tracking
                   Download
          Session Operation
                 @ Standalone
                   MS-based
                   MS-assisted
          Number of Fixes
                 @ 999999999
          Time between fixes
                 @ 0
                 + 1000
          Session Timeout (sec)
                 @ 1000
                 + 3600
          Accuracy (meter)
                 @ 50
                 + 100
          Server Option
                 @ Default
                   Local
Commands
    Get position
    TTFF test
    NMEA log
gpsOne XTRA
    Xtra Enable
         @ Disable
         + Enable
         Trigger Download

以上で、再起動します。

この設定で、GPS Status というアプリで状態を見ていると、GPSが5個ぐらい見える状態で、位置測定が30~50秒ぐらいで完了しました。GPSが3個ぐらいしか見えないとだめなようです。一度測位すると、次回からは数秒で測位できます。

LbsTestMode の  “Delete GPS Data” を実行すると、完全に初期状態に戻るようで、測定にまた30~50秒ぐらい必要になりました。

しかし電車の窓側では測位できませんでしたorz

なお、GPS Status のアプリでA-GPSをダウンロードしないといけないと書いていましたが、 dcm-supl.comがdocomoの回線からしか接続できないのが(多分)原因のようで、これをgooleにしたことによって、特別にダウンロードしなくてもよいようです。

ページ: 1 2

 - android, IT技術, ネットワーク ,

336px

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
ソースコードを読むためのツール

CodeReadingWikiを改造してみました  →  こちら 現在多くのアプ …

no image
chromeに独自のproxyを設定

Windows版のchromeのproxyの設定を開くと、システム(IE)のpr …

no image
コマンドラインのロック@CentOS 5

コンソールログインやssh接続などでコマンドラインを使用しているとき、少し席を外 …

no image
Windows bashを使ってみた

Windows10 の Anniversary Updateで、Ubuntu が …

no image
vimでpythonの補完を行う

pythonを少し書いてみようと思い立ち、とりあえずvimでpythonのキーワ …

no image
PXEブートでネットワークインストール@RHEL5 or CentOS5

最近のPCやサーバーではPXEというネットワークブートを使って、CDやDVDを使 …

no image
sendip

ネットワークのテストをしたいとき、任意のパケットを送出したい場合があります。Wi …

no image
すでに同名のdebパッケージがインストールされているか確認する@Ubuntu 14.04

リポジトリにはまだ登録されていないパッケージを手動でdpkgを使ってアップデート …

no image
grubの起動画面で日本語キーボート配列を使う

grub 起動時に起動オプションを変更する場合、日本語キーボード配列ではなくスト …

no image
Systemtapを使ってみる@RHEL 5.5 x86_64

Systemtap を使用してみたので覚え書き。 Systemtapでは、動的に …