Mazn.net

やってみて 調べてみて 苦労しなけりゃ 箱は動かじ

Mercurial 覚え書き@Fedora 13

      2013/07/15

分散型のバージョン管理システムである、Mercurial を使ってみました。

最近はGitという分散型のバージョン管理システムもよく耳にしていたので、どちらを勉強しようか迷っていましたが、ネットの評判を見てみるとMercurialの方が少し簡単であること、Google もこちらを選んだこと、仕事の関係でこちらを使う方が多そうなことから、Mercurial の選択です。

Fedora 13にはデフォルトでパッケージが容易されているので、インストールは簡単です。

$ yum install mercurial

基本的な使い方はそれほど難しくなさそうです。hg (水銀の元素記号)コマンドを使って操作していきます。

既存のリポジトリのクローンを作成

$ hg clone http://.....(Webの場合)
   or
$ hg clone ssh://user@host/home/repo....   (sshの場合)

新規リポジトリ作成

$ cd リポジトリにしたいディレクトリ
$ hg init

リポジトリの履歴を閲覧

$ hg log

詳しい履歴を見たいときは、-v や –debug オプションなどを使うことができます。

$ hg -v log     or
$ hg --debug log

あるチェンジセットのパッチ表示

$ hg log -p -rチェンジセット番号

リポジトリ内の変更状況を確認

$ hg status

現在のパッチを表示

$ hg diff

コミット

$ hg commit -u ユーザ名 -m "コメント"

vi が立ち上がるので、1行目にコメントを記述します。viを立ち上げるのが嫌な場合は -m オプションで直接コメントを記述することもできます。

他のリポジトリとマージ

$ hg pull 他のリポジトリURL
$ hg  update
$ hg merge
  ~ マージの衝突が起こったファイルを修正 hg resolve -all で確認可能~
$ hg resolve -m ファイル名   ← 修正したファイルをマージ済みに設定
$ hg commit -u ユーザ名

clone 元に変更を反映

$ hg push

簡易的なWebサーバ起動

$ hg serve

 - IT技術, プログラミング ,

336px

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

Kubernetesのコンパイル

昨今、OSSを製品からコンパイルして使うことは少なくなってきましたが、Kuber …

no image
LDAPサーバ構築 その2 – Sambaサーバとの連携 @ Debian etch

LDAP+SambaでPDCを構築する方法です。 # apt-get insta …

no image
vimでpythonのプラグラムの一部分を一気にインデント追加or削除する

python って、インデントでプログラムの構造を定義しますので、インデントを簡 …

no image
Linuxのinitrd – イニシャルラムディスク(initial ram disk)の展開方法

Linuxカーネルはモジュール型であるため、Linux起動時に必要なモジュールは …

no image
OpenStack LibertyをRDOを使ってインストール on CentOS7(KVM)

ホストOS(CentOS7)に直接OpenStackを入れると、失敗した時が面倒 …

no image
パイプを使ったループの中で使用した変数をループ外で参照できない@bash

bashでパイプを使って以下のような処理をすると、ループ内の変数の値をループ外で …

no image
TCP Wrapper の設定チェック@Linux

昔からあるアクセス制限の方法として、TCP Wrapperがあります。 /etc …

no image
EJB3 JPAのmapping-type @ JBoss 4.2

JBoss 4.2 でEJB3のJPA (JAVA Persistence AP …

no image
bashで配列のエクスポートができない@bash 3.2

bashにおいて、サブシェル(呼び出し先の別のシェル)内で呼び出し元の変数を参照 …

no image
Arrows Tab LTE F-01D をICS (4.0) にアップデート

やっとでました。Arrows Tab の 4.0アップデート。 早速アップデート …