Mazn.net

やってみて 調べてみて 苦労しなけりゃ 箱は動かじ

yumで特定パッケージをインストールやアップデートさせないようにする@Fedora 13

      2013/07/15

最近Fedoraを使い始めました。

最初からFedoraのリポジトリにいろいろなパッケージが用意されていて大変便利なのですが、一部のパッケージはコミュニティ本家で提供されているものを使いたくなりました。しかし、Fedoraのパッケージ名とぶつかっており、アップデートで勝手に更新されてしまいます。

こういう時は、あるパッケージをyumの対象から除外することが可能です。

/etc/yum.conf に以下のようにスペースで区切りでパッケージ名を列挙すれだけで、さらにワイルドカード”*”も使用可能です。

exclude= postgresql* openssh*

 - IT技術, サーバ構築 ,

336px

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
Androidのアプリ内課金の支払いアカウントを変更する

Androidのスマホに複数のGoogleアカウントを登録し、アプリをインストー …

no image
vim (vi) でマッチした文字列の一部を置換

vim (vi)の置換のお話です。 全行のoldをnewに置換したい場合は普通こ …

no image
Mercurial 覚え書き@Fedora 13

分散型のバージョン管理システムである、Mercurial を使ってみました。 最 …

no image
iptablesでポートフォワーディング

通常Linuxのデフォルトはパケットのフォワーディングが無効になっているので、ま …

no image
RDO使ってOpenStack Pikeインストール@CentOS7

RDO を使ってOpenStack Pikeをallinoneでインストールした …

no image
PXEブートでネットワークインストール@RHEL5 or CentOS5

最近のPCやサーバーではPXEというネットワークブートを使って、CDやDVDを使 …

no image
TracのDBのスキーマとチケットレポート作成 @ Trac 0.10.3 on Debian Etch

Tracのチケット のレポートを作成するには、TracのDBのスキーマをある程度 …

no image
EJB3 JPAのmapping-type @ JBoss 4.2

JBoss 4.2 でEJB3のJPA (JAVA Persistence AP …

no image
マネージドBeanのスレッドセーフについて

サーブレットは、web.xmlのservlet要素毎にひとつつくられるため、複数 …

k3dを使ってマルチノード構成のKubernetesを一瞬で構築する

一昔前までは、Kubernetesの学習環境を手元に作るには、それなりに手間がか …