Mazn.net

やってみて 調べてみて 苦労しなけりゃ 箱は動かじ

yumで特定パッケージをインストールやアップデートさせないようにする@Fedora 13

      2013/07/15

最近Fedoraを使い始めました。

最初からFedoraのリポジトリにいろいろなパッケージが用意されていて大変便利なのですが、一部のパッケージはコミュニティ本家で提供されているものを使いたくなりました。しかし、Fedoraのパッケージ名とぶつかっており、アップデートで勝手に更新されてしまいます。

こういう時は、あるパッケージをyumの対象から除外することが可能です。

/etc/yum.conf に以下のようにスペースで区切りでパッケージ名を列挙すれだけで、さらにワイルドカード”*”も使用可能です。

exclude= postgresql* openssh*

 - IT技術, サーバ構築 ,

336px

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
VMWare Server 2.0のディスクイメージを1.0で使う

VMWare Server 2.0がリリースされて随分たちましたが、2.0系のデ …

no image
CodeReadingWiki 改造版でソースコード解読

etherさん作成のCodeReadingWiki が、ソースコードを読むのにす …

no image
KVMを使ってみる@CentOS 5.4

RHEL 5.4からKVMが使えるようになり、それに伴いCentOS 5.4でも …

no image
設定とメールを任意のフォルダに移動@Thunderbird 2

長年使っていたBeckyからThunderbirdに移行を始めました。 Beck …

no image
ddコマンドと圧縮・展開@CentOS 5

dd コマンドの便利な使い方のあれこれです。 通常ddコマンドは、if, ofの …

no image
Date型@EntityBean

EntityBeanからDate型にマッピングしたデータを取り出した場合、jav …

no image
WordPress と Twitter の連携 その2

WordPress の Tweetable プラグインから Twitter To …

no image
Windows bash (win-bash)のプロセスのfork性能を測ってみた

Windows上では今までCygwinを使っていたのですが、Cygwinはプロセ …

no image
リモートデスクトップでPC再起動 or シャットダウン@Windows 7

Windows リモートデスクトップ接続では、通常のスタートメニューから再起動や …

no image
使用中のファイルの追跡@WindowsXP

Windows上であるファイルを削除しようとすると、使用中で削除出来ないときがあ …