Mazn.net

やってみて 調べてみて 苦労しなけりゃ 箱は動かじ

日本語入力 ON/OFF キー変更@Fedora 13

      2013/07/15

今までscim というインプットメソッドがメジャーだったような気がしていたのですが、Fedora 13 では日本語入力はデフォルトでiBus というのが使われているようです。

で、日本語入力開始のキーはもちろんデフォルトで”全角・半角”キーになっているのですが、maznはこれを”変換”キーに変更してみました。

Xが立ち上がっている画面で、

# im-chooser

を起動し、個人設定で設定するだけで、無事変更できました。

 - IT技術 ,

336px

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
aufsでディレクトリを重ねてマウント@Ubuntu 14.04

aufsをUbuntu 14.04上で使ってみました。 aufsは、複数のディレ …

no image
cygwinでWindowsのコマンド(ipconfig等)の文字化けを解消する

WindowsのコマンドをCygwin上で実行すると文字化けしてしまいます。これ …

no image
ハードディスクへのアクセスが異常に遅い@Windows XP

Windowsの動作が異常に遅いPCがあって、調査していたらHDDへのアクセスが …

no image
CentOS 7からWindowsにリモートデスクトップ接続で変換キーや無変換キーを使う

CentOS 7にデフォルトで同梱されているリモートデスクトップクライアント(f …

no image
evalで変数名を変数にする@bash

シェルスクリプトで変数を使用していると、変数名を変数にしたい場合が出てきます。 …

no image
WordPress と Twitter の連携 その2

WordPress の Tweetable プラグインから Twitter To …

no image
Mercurial 覚え書き@Fedora 13

分散型のバージョン管理システムである、Mercurial を使ってみました。 最 …

no image
Windowsでの自動起動ソフトウェアを制御する@Windows XP

Windowsの起動時に自動で起動するソフトウェアは、全てのプログラムのスタート …

no image
Trackpointでスクロールできない@ThinkPad キーボード 55Y9024 with Windows7 64bit

ThinkPadのトラックポイントキーボード 55Y9024 を使っているのです …

no image
fileコマンドの判定方法@CentOS 5.4

あるファイルが何のファイルかを判別するためのコマンドfileコマンドがありますが …