Mazn.net

やってみて 調べてみて 苦労しなけりゃ 箱は動かじ

gvfsを使用して、Windowsの共有フォルダを使用する@Ubuntu 9.04

      2013/07/15

今までmaznはWindowsの共有フォルダにLinuxからアクセスする時は、mountコマンドを使って、cifsプロトコルでアクセスしていました。

# mount -t cifs -o username=mazn,iocharset=utf8  //fileserver/share /mnt/share

しかし、最近のGnomeは数年前にカーネルでサポートされたFUSE (Filesystem in user space) を使用してgvfsというプロトコルでマウントできるようです。

このFUSEというのは優れもので、今までカーネル内に実装しなくてはならなかった、ファイルシステムを、ユーザ空間で実装することができます。Gnomeはこれを使って、リモートの共有フォルダをローカルにマウントしてくれます。

場所→サーバへ接続 で、ファイルサーバのIPと共有名を入れてあげると、自動的にマウントしてくれますが、このマウント情報はdfコマンドではわからないようです。

$ df
ファイルシステム           1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/sda1             15156556   4452612   9934032  31% /
tmpfs                   379400         0    379400   0% /lib/init/rw
varrun                  379400       336    379064   1% /var/run
varlock                 379400         0    379400   0% /var/lock
udev                    379400        76    379324   1% /dev
tmpfs                   379400        76    379324   1% /dev/shm
lrm                     379400      2392    377008   1% /lib/modules/2.6.28-11-generic/volatile

これを代わりにmountコマンドを使うと、以下のように情報が出てきました。

$ mount
/dev/sda1 on / type ext3 (rw,relatime,errors=remount-ro)
tmpfs on /lib/init/rw type tmpfs (rw,nosuid,mode=0755)
proc on /proc type proc (rw,noexec,nosuid,nodev)
sysfs on /sys type sysfs (rw,noexec,nosuid,nodev)
varrun on /var/run type tmpfs (rw,nosuid,mode=0755)
varlock on /var/lock type tmpfs (rw,noexec,nosuid,nodev,mode=1777)
udev on /dev type tmpfs (rw,mode=0755)
tmpfs on /dev/shm type tmpfs (rw,nosuid,nodev)
devpts on /dev/pts type devpts (rw,noexec,nosuid,gid=5,mode=620)
fusectl on /sys/fs/fuse/connections type fusectl (rw)
lrm on /lib/modules/2.6.28-11-generic/volatile type tmpfs (rw,mode=755)
securityfs on /sys/kernel/security type securityfs (rw)
binfmt_misc on /proc/sys/fs/binfmt_misc type binfmt_misc (rw,noexec,nosuid,nodev)
gvfs-fuse-daemon on /home/mazn/.gvfs type fuse.gvfs-fuse-daemon (rw,nosuid,nodev,user=mazn)

mountコマンドの方が、かなり多くの情報が出るみたいですね。見てわかるように、Gnomeはユーザのホームディレクトリの.gvfsという隠しディレクトリにマウントするようです。

ちなみにユーザ空間と言っても、lsやmkdirなど、普通のファイルと同じように使えるようです。

 - IT技術, ネットワーク , ,

336px

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
Arrows Tab LTE F-01D をICS (4.0) にアップデート

やっとでました。Arrows Tab の 4.0アップデート。 早速アップデート …

no image
LDAPサーバ構築 @ Debian etch

まずはapt-getでインストールします # apt-get install s …

k3dを使ってマルチノード構成のKubernetesを一瞬で構築する

一昔前までは、Kubernetesの学習環境を手元に作るには、それなりに手間がか …

graboidでDockerイメージをダウンロード

Dockerを実行しているサーバがインターネットに接続されていないオフライン環境 …

no image
sshのちょっと高度な使い方

めっきり使う機会が減ってしまったtelnetの代わりによく使うssh。最近はmo …

no image
fileコマンドの判定方法@CentOS 5.4

あるファイルが何のファイルかを判別するためのコマンドfileコマンドがありますが …

no image
ログファイル監視 + イベントスクリプト@ruby

ログファイルを監視して、ある文字列が出力されたらイベントを発生させたかったので、 …

no image
vimで検索語をハイライトする@さくらインターネット

普通vimで検索すると、検索語がハイライトされるのですが、さくらインターネットに …

no image
pptpサーバの構築@CentOS 5.8

pptpサーバ構築時のメモ書き。 # yum install ppp pptp …

no image
linuxのSWAPパーティッションにUUIDを指定する

ext3とかext4のパーティッションはtune2fsでUUIDを指定できますが …