vncviewerで特定のポートに接続する@Linux

vncのサーバにvncviwerで接続する時に、

$ vncviewer サーバ名:ディスプレイ番号

といった風にディスプレイ番号を入力します。ディスプレイ番号はvncserverを起動した際に表示されるやつです。

$ vncserver 

New 'X' desktop is hostname:1 ← これ

Starting applications specified in /etc/X11/Xsession
Log file is /home/mazn/.vnc/hostname:1.log

これでvncserverは5900+ディスプレイ番号のTCPポートで待ちます。※すでにvncserverが立ち上がっている場合などは:2のようにインクリメントされていきます。

Debian etchの例
$ netstat --tcp -lpn | grep 5901
tcp6   0   0 :::5901       :::*      LISTEN     14372/Xrealvnc

SSHやiptablesなどを使ってvncサーバへの接続をポートフォワーディングした際、任意のポートに繋ぐ必要が出てきます。このような場合コロン二つ" :: "を使用して、任意のポートに接続できます。

例えば、ルータでポート4000がvncサーバにポートフォワーディングされている場合以下のようになります。

$ vncviewer ルータIP::4000

ちなみに、Linuxに搭載されているvncやリモートデスクトップのフロントエンドのクライアントkrdcでは、"::"を認識出来ないようです。

iptablesにてポートフォワーディングする方法はこちら

参考 :VNCのインストール

タイトルとURLをコピーしました