Mazn.net

やってみて 調べてみて 苦労しなけりゃ 箱は動かじ

ext3のジャーナル(lost+found)再作成

      2013/07/15

Linuxのext3ファイルシステムにあるlost+foundはファイルシステムのジャーナルです。これのおかげでfsckがすぐに終わります。これを間違って消した場合やおかしくなった場合は以下のようにして再作成ができます。

まずはファイルシステムをチェック

# umount /dev/sdc1
# e2fsck -fn /dev/sdc1

ext2にいったん戻して、ext3に変換。

# tune2fs -O^has_journal /dev/sdc1
# tune2fs -j /dev/sdc1

 - IT技術, サーバ構築 ,

336px

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
Linuxのinitrd – イニシャルラムディスク(initial ram disk)の展開方法

Linuxカーネルはモジュール型であるため、Linux起動時に必要なモジュールは …

no image
Firefox検索フォームに検索履歴ボタンを追加する@Firefox 3.0

Firefox の検索欄は、検索履歴を覚えてくれ、↓を押すと履歴が出てきます。し …

no image
JavascriptエンジンRhinoを入れてみる@WindowsXP

Ajaxの実装や、OpenOfficeなどのマクロ用、ThunderbirdやF …

no image
パスワードの有効期限と、アカウント有効期限@RHEL5

パスワードのデフォルト有効期限は “/etc/login.defs& …

no image
XREAでのWordPressのファイルアップロード

初めてファイルアップロード機能を使おうとしたら動かなかったのでメモ。 wp-ad …

no image
iSCSIを使ってみる@CenOS5.2 (ターゲット) + Windows XP (イニシエータ)

CentOS 5をtarget、Windowsをinitiatorとして、iSC …

no image
vimで検索語をハイライトする@さくらインターネット

普通vimで検索すると、検索語がハイライトされるのですが、さくらインターネットに …

no image
firefox アドオン セカンドサーチが動作しない@Firefox 3

いつ頃からかFirefoxのアドオン、セカンドサーチが機能しなくなってしまいまし …

no image
vimでシンタックスのハイライトがおかしくなる

vim では、テキストファイルの種類に応じて色をつけてくれる機能(ハイライト機能 …

no image
Google Plublic DNS

Google が提供しているパブリックDNSサービス。名前解決が早くなり、インタ …