Mazn.net

やってみて 調べてみて 苦労しなけりゃ 箱は動かじ

ext3のジャーナル(lost+found)再作成

      2013/07/15

Linuxのext3ファイルシステムにあるlost+foundはファイルシステムのジャーナルです。これのおかげでfsckがすぐに終わります。これを間違って消した場合やおかしくなった場合は以下のようにして再作成ができます。

まずはファイルシステムをチェック

# umount /dev/sdc1
# e2fsck -fn /dev/sdc1

ext2にいったん戻して、ext3に変換。

# tune2fs -O^has_journal /dev/sdc1
# tune2fs -j /dev/sdc1

 - IT技術, サーバ構築 ,

336px

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
USBハードディスクにWindows 7インストール

今あるPCのシステムを消したくなかったので、USBハードディスクにWindows …

no image
Windowsのtelnetコマンドの文字コード@Windows XP

限られた環境で、ターミナルのソフトにWindowsのtelnetしかない場合、t …

no image
電池使用状況@Galaxy S

電池の持ちが悪いときは、端末の情報を覗いてみると何かわかるかもしれません。 以下 …

no image
Cのコメント部分を正規表現で検索@vim

ソースコードを機械的に解析する際、コメントが邪魔だったりします。 viでコメント …

no image
ソースコードを読むためのツール

CodeReadingWikiを改造してみました  →  こちら 現在多くのアプ …

no image
各種リポジトリのssh鍵の変更

2014-07-05GitHubユーザーのSSH鍵6万個を調べてみたの議事を拝見 …

no image
WordPress プラグイン - Stat Traq導入

アクセス統計をとってくれるプラグインStat TraqをWordPressに導入 …

no image
NICに複数のIPを付与する方法@Linux

1つのNICに複数のIPをつける方法の覚え書き。eth0にもう一つIP(192. …

no image
アプリケーションの追加と削除@RHEL5

RHEL5からはパッケージ管理のフロントエンドがyumになってしまったため、リポ …

no image
akamaitechnologies.comってなに??

ふとWindowsでnetstatを叩くと、akamaitechnologies …