Mazn.net

やってみて 調べてみて 苦労しなけりゃ 箱は動かじ

ext3のジャーナル(lost+found)再作成

      2013/07/15

Linuxのext3ファイルシステムにあるlost+foundはファイルシステムのジャーナルです。これのおかげでfsckがすぐに終わります。これを間違って消した場合やおかしくなった場合は以下のようにして再作成ができます。

まずはファイルシステムをチェック

# umount /dev/sdc1
# e2fsck -fn /dev/sdc1

ext2にいったん戻して、ext3に変換。

# tune2fs -O^has_journal /dev/sdc1
# tune2fs -j /dev/sdc1

 - IT技術, サーバ構築 ,

336px

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

Ubuntu 14.04 LTS DesktopのWindowsキーのショートカットを無効にする

Ubuntu 14.04 使っていて、Windowsキー+1 や Windows …

no image
Cisco IOSエミュレータDynamipsを使ってみる@CentOS 5

Ciscoのスイッチやルータの設定の勉強をしたくて、DynamipsというCis …

no image
ショートカットが動かない@Thunderbird 2.x with Windows

Windows上のThunderbirdでは、Ctrlを使わないショートカット、 …

no image
CDやDVDの中身が見れない@Windows Vista

最近悪名高いWindows Vistaを使っているのですが、一通り設定や必要そう …

no image
cygwin ck のダブルクリック選択文字列の範囲を変更する

Cygwin 用のターミナルソフトウェア cygwin ck  を便利に使わせて …

no image
IPアドレスの範囲からサブネットマスクを簡単に計算する@CentOS 5

ちょっとしたアタックがあるIPからあった場合に、whois で IP の情報調べ …

no image
createrepoコマンド@ RHEL5

createrepoコマンドはyumのリポジトリを作成するためのコマンドです。 …

no image
ログファイル監視 + イベントスクリプト@ruby

ログファイルを監視して、ある文字列が出力されたらイベントを発生させたかったので、 …

no image
ウィンドウが勝手に最大化@Windows 7

Windows 7で、ウィンドウをはしっこに移動したりすると、最大化してしまいす …

no image
CygwinでWindowsの拡張子に関連づけられたファイルを簡単に開く

Cygwin 使っていると、コマンドラインでいろいろと処理したくなりますよね? …