Mazn.net

やってみて 調べてみて 苦労しなけりゃ 箱は動かじ

ext3のジャーナル(lost+found)再作成

      2013/07/15

Linuxのext3ファイルシステムにあるlost+foundはファイルシステムのジャーナルです。これのおかげでfsckがすぐに終わります。これを間違って消した場合やおかしくなった場合は以下のようにして再作成ができます。

まずはファイルシステムをチェック

# umount /dev/sdc1
# e2fsck -fn /dev/sdc1

ext2にいったん戻して、ext3に変換。

# tune2fs -O^has_journal /dev/sdc1
# tune2fs -j /dev/sdc1

 - IT技術, サーバ構築 ,

336px

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
bash使用時にCtrl-dでログアウトさせない

bashではCtrl-○でいろいろな機能が使用できますが、たまに間違って押してし …

no image
gitで過去のコミットを書き換える方法まとめ

コミットしてしまった後に恥ずかしい間違いに気づいて書き換えたい時の対処方法。 ま …

no image
Windowsでの自動起動ソフトウェアを制御する@Windows XP

Windowsの起動時に自動で起動するソフトウェアは、全てのプログラムのスタート …

no image
grubの起動画面で日本語キーボート配列を使う

grub 起動時に起動オプションを変更する場合、日本語キーボード配列ではなくスト …

no image
Linux on Windows(WSL)上のファイルにExplorerからアクセスする

WSL上のLinux (Microsoft Store)からインストールしたUb …

no image
iptablesでポートフォワーディング

通常Linuxのデフォルトはパケットのフォワーディングが無効になっているので、ま …

no image
日本語入力@Debian etch

以下のコマンドで今使用している日本語入力がわかる $ im-switch -l …

no image
Googleマップがナビウォークに!?

Googleマップでとうとうドライブルートを検索できるようになったようです。 G …

no image
フルスクリーン時に日本語入力ツールバーが邪魔@Ubuntu 9.04

scim+anthy で日本語入力していましたが、動画を見るときにフルスクリーン …

no image
sshダイナミックフォワーディング@cygwin

OpenSSHクライアントのsshコマンドでトンネリングをする方法として-Lオプ …