Mazn.net

やってみて 調べてみて 苦労しなけりゃ 箱は動かじ

ext3のジャーナル(lost+found)再作成

      2013/07/15

Linuxのext3ファイルシステムにあるlost+foundはファイルシステムのジャーナルです。これのおかげでfsckがすぐに終わります。これを間違って消した場合やおかしくなった場合は以下のようにして再作成ができます。

まずはファイルシステムをチェック

# umount /dev/sdc1
# e2fsck -fn /dev/sdc1

ext2にいったん戻して、ext3に変換。

# tune2fs -O^has_journal /dev/sdc1
# tune2fs -j /dev/sdc1

 - IT技術, サーバ構築 ,

336px

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
ローカルファイルの読み取り@Javascript with Rhino

Rhinoを使ったJavascriptスクリプトでファイルを読み込むにはread …

no image
Apache 2.0 + OpenSSL

OpenSSLは SSLv2/SSLv3/TLSv1 をサポートしているオープン …

no image
PS3のアップデートチェック

PS3をインターネットに繋いでいると、起動時にソニーのサイトにアップデートチェッ …

no image
Windows 7 ファイルサーバにアクセスできない@Windows 7 Ultimate

Windows 7 をファイルサーバにしているのですが、ファイルアクセスが高負荷 …

no image
管理共有(C$)の使用@Windows 7

Windows XPだと、ファイルの共有を設定しなくても、デフォルトでCドライブ …

no image
ブックマークのスクロール位置の記憶@Firefox3

今までFirefoxを使っていて不便に思っていたことの一つに、サイドバーのブック …

no image
Linuxコンテナ(LXC)内からNFSマウント@Ubuntu 14.04

Ubuntu 14.04 上で作成したLinuxコンテナ内からNFSマウントでき …

no image
apt系コマンド

インストールの管理にDebian系ではaptを使いますが、すぐ忘れてしまうのでメ …

no image
COMODO Defense+ の 信頼ベンダー(trusted vendor)リストを削除する

最近COMOD Firewall を入れると、Defense+ の信頼ベンダーリ …

expectでssh自動ログイン

sshで他のサーバーにログインする時に、毎回パスワード入力するのって面倒ですよね …