Mazn.net

やってみて 調べてみて 苦労しなけりゃ 箱は動かじ

デフォルトサーバ証明書の更新 @ CentOS 4

      2013/07/15

インストール時に自動的にインストールされるApacheのSSLの証明書を更新する方法。

# openssl req -new -key /etc/httpd/conf/ssl.key/server.key -x509 -days 365 -out /etc/httpd/conf/ssl.crt/server.crt

もちろん俺々証明書です。-daysの部分が有効期限の日数なので、期限長くしたい場合はここの数字を変えてください。

 - IT技術, サーバ構築 ,

336px

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
ディスクイメージをデバイスファイルとして扱う@CentOS5.4 + Xen

※ 2015/4/30追記 : mountオプションで直接マウントする方法を書き …

no image
DVD-Rに4倍速で書き込みできない@GSA-4040B

数年前に発売されたDVDマルチドライブ GSA-4040Bを持っているのですが、 …

no image
電池使用状況@Galaxy S

電池の持ちが悪いときは、端末の情報を覗いてみると何かわかるかもしれません。 以下 …

no image
OpenStack LibertyをRDOを使ってインストール on CentOS7(KVM)

ホストOS(CentOS7)に直接OpenStackを入れると、失敗した時が面倒 …

no image
ログインシェルを変更する@さくらインターネット

今までLinuxを使ってたので、ログインシェルをデフォルトから変えようと思ったこ …

no image
rdesktopの改造@Debian etch

LinuxからWindowsのリモートデスクトップに接続するコマンドです。 De …

no image
VMware 2.0 を専用クライアントで使う (msiからファイルの抽出)

VMware 2.0 は基本的にWebインタフェースしか使えないと思っていました …

no image
initrd を展開しファイルを編集する @ Fedora 16

Fedora 16 Live CD の initrd を編集する必要があったので …

no image
WindowsアップデートにProxyを使用@Windows XP

Windowsのアップデートは、デフォルトではプロキシを使わないので、プロキシ環 …

no image
パイプでつないだコマンドの戻り値を調べる@bash

シェルスクリプトで、実行したコマンドの戻り値を知る方法は有名ですよね。 以下のよ …