Mazn.net

やってみて 調べてみて 苦労しなけりゃ 箱は動かじ

デフォルトサーバ証明書の更新 @ CentOS 4

      2013/07/15

インストール時に自動的にインストールされるApacheのSSLの証明書を更新する方法。

# openssl req -new -key /etc/httpd/conf/ssl.key/server.key -x509 -days 365 -out /etc/httpd/conf/ssl.crt/server.crt

もちろん俺々証明書です。-daysの部分が有効期限の日数なので、期限長くしたい場合はここの数字を変えてください。

 - IT技術, サーバ構築 ,

336px

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
screenからtmuxに乗り換えてみる

screenからtmuxに乗り換えた時のメモ。 まずは、ネットの情報を参考に、~ …

no image
bashで配列のエクスポートができない@bash 3.2

bashにおいて、サブシェル(呼び出し先の別のシェル)内で呼び出し元の変数を参照 …

no image
Apacheのプロキシ(proxy)機能

Apacheにはフォワードプロキシやリバースプロキシの機能があります。 フォワー …

no image
iptablesでポートフォワーディング

通常Linuxのデフォルトはパケットのフォワーディングが無効になっているので、ま …

no image
遅いネットワークでsshの応答が遅い

遅いネットワーク、特にモバイル端末経由でsshを使ったりする場合、一文字打つのに …

no image
KVMのコンソールに接続する@RHEL6 on Fedora14 KVM

KVM上で仮想OSを動かしている場合、コンソールに接続するには、少し設定を変更す …

no image
Googleの検索に検索ツールが出現

GoogleでWeb検索すると、いつの間にか”検索ツール&#8220 …

no image
VMware Player 3.0 でのネットワーク設定

VMware Player 3.0 にはネットワーク設定の画面がついていないので …

no image
Googleマップがナビウォークに!?

Googleマップでとうとうドライブルートを検索できるようになったようです。 G …

no image
Linuxコンテナ(LXC)の接続先ネットワークを物理NWにブリッジ@Ubuntu 14.04

LXCはデフォルトだと、勝手に作られたブリッジに接続し、勝手なローカルアドレスが …