Mazn.net

やってみて 調べてみて 苦労しなけりゃ 箱は動かじ

デフォルトサーバ証明書の更新 @ CentOS 4

      2013/07/15

インストール時に自動的にインストールされるApacheのSSLの証明書を更新する方法。

# openssl req -new -key /etc/httpd/conf/ssl.key/server.key -x509 -days 365 -out /etc/httpd/conf/ssl.crt/server.crt

もちろん俺々証明書です。-daysの部分が有効期限の日数なので、期限長くしたい場合はここの数字を変えてください。

 - IT技術, サーバ構築 ,

336px

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
Raspberry Pi 2でHDMIから画面が出力されない

Raspberry Pi 2 でOS(Ubuntu)を再起動すると、HDMIから …

no image
b-mobileのプロキシ

b-mobileのプロキシって三つあるんですね。 marion 低圧縮 mari …

no image
コマンドプロンプトを任意のフォルダから開く@Windows 7

Shiftを押しながらフォルダを右クリックすることで、”コマンドウィ …

no image
Googleブック検索

まだβ版ですが、いつの間にかGoogleのブック検索というサービスが動いています …

no image
yumで特定パッケージをインストールやアップデートさせないようにする@Fedora 13

最近Fedoraを使い始めました。 最初からFedoraのリポジトリにいろいろな …

no image
ログの転送@Cisco 2960

Ciscoのスイッチでログの転送(syslog)をする設定の覚え書き。syslo …

no image
無変換キーをWindowsキーに変更する@Fedora 17

日本語キーボードには、無変換キーがあるが、Linux では使う機会がないので、W …

休止状態やハイバネート後のキーボード入力が遅い@Windows10

Windows10を使ってるのですが、休止状態から復帰するとなぜかキーボードのリ …

no image
CodeReadingWiki 改造版でソースコード解読

etherさん作成のCodeReadingWiki が、ソースコードを読むのにす …

no image
WordPress と Twitter の連携 その2

WordPress の Tweetable プラグインから Twitter To …