Mazn.net

やってみて 調べてみて 苦労しなけりゃ 箱は動かじ

wuzzを使ってHTTPベースのAPIを手軽に実行@Linux with Docker

   

wuzz というAPIを手軽に叩きながら動作を確認するツールを使ってみた。

ちょっとAPIを叩きたいとき、curl のようなコマンドを使うことも多いが、このツールはAPI のURLを設定し、インタラクティブにAPIのpらメータを変更しながら実行できるツール。APIを叩くアプリを作りたい時に、APIの応答などを手軽に確認したい時に便利。

ツールはGo言語製で、GO言語がインストールされていれば、インストール自体は簡単。

$ go get github.com/asciimoo/wuzz

 

これだけです。通常は、~/go/bin/wuzz にインストールされるので、これを実行するだけです。

$ ~/go/bin/wuzz

 

CLIベースで、こんな画面が出てきます

ためしに、localhost で起動しているDockerのAPI (TLS未使用) を叩いて、Dockerイメージのリストを確認してみます。

このような感じで、Response body の欄に応答が表示されます。欄の移動はTABで可能です。実行したAPIは、Ctrl+h で履歴を遡ることも可能です。

 - IT技術, ネットワーク, プログラミング

336px

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
Windowsのブートローダ(NTLDR)の設定を変更する@Windows XP

Windows XP をメインで使っていたPCにLinuxをサブで入れた場合のデ …

no image
iSCSIを使ってみる@CenOS5.2 (ターゲット) + Windows XP (イニシエータ)

CentOS 5をtarget、Windowsをinitiatorとして、iSC …

no image
Mercurial 覚え書き@Fedora 13

分散型のバージョン管理システムである、Mercurial を使ってみました。 最 …

no image
Linuxコンテナ(LXC)を使ってみた@Ubuntu 14.04

Linuxコンテナ(LXC)をUbuntu 14.04上で使用した時のメモです。 …

no image
Flashのインストール@Fedora 17

LinuxにFlashインストールするのも随分楽になりました。 今ではAdobe …

no image
国別 IP アドレス割り当てリスト

サーバを立てているとあちこちから不正アクセスがくるもので、特に不正アクセスが多い …

no image
ck@cygwin 1.7

cygwin 1.7 より前では、ターミナルエミュレータにckを使っていたのです …

no image
SVNのシンボリックリンク?

SVNでソースを管理している時、ある他のリポジトリで管理されているライブラリを参 …

ISOイメージをUSBメモリに入れてLinuxインストール

以前、grubを手動で入れて、USBメモリからOSをインストールするようなことを …

no image
日本語入力 ON/OFF キー変更@Fedora 13

今までscim というインプットメソッドがメジャーだったような気がしていたのです …