Mazn.net

やってみて 調べてみて 苦労しなけりゃ 箱は動かじ

Galaxy S III(SC-06D)のroot再取得@4.1.2(MF1)

      2013/07/20

ほとんどアップデートしていない root 化されたスマホ SC-06D (4.0.4 : LG1) から、最新の4.1.2(SC06DOMBMF1 以下MF1)のJelly Beanにアップデートした時のメモです。内容に全く責任はとれませんので、自己責任で参考にしてください。

まず、ネット上からかき集めた情報によると、

  • root のままではアップデートに失敗する
  • さらに CWM リカバリを使っているとアップデートに失敗する

らしいです。(odinで一気に4.1.2を無理矢理書き込めば何もせずにいけるのかもしれませんが、文鎮が恐いので避けます)

そして、今回目指すのは、

  • 4.1.2 (MF1) のdocomo純正ROMにアップデートする
  • アップデート後にrootを取得する

までとなります。4.1.2 へのアップデート方法ですが、OTA(Over The Air)アップデート、つまり端末使ってネットワーク経由でアップデートする方法と、kiesやodinを使って一気に4.1.2へアップデート(odin(おでん)を煮込むと呼ばれてる)する方法があります。

OTAアップデートは、今のバージョンと最新の4.1.2との間にリリースされたバージョンを経由してバージョンアップする必要があるため、結構時間がかかります。一方、odinを使って一気にアップデートする方法は楽そうですが、正規の方法ではないためOTAよりリスクが高いのかもしれません。(詳しい人に言わせればリスクは変わらないと言われそうですが、私は素人なのでその辺りはよくわかりません・・)

よって、今回は一気にアップデートできる正規の手順(PDF)の kies を使いたいと思います。(kiesは悪名高いのであまり使いたくはないですが・・・)

ということで、今回は以下の手順でやってみます。

  • 事前準備
    • データをバックアップする (手順は書きません)
    • KIES, odin をインストールしておく
    • SamMobileから、今使っている SC06DOMALG1 ファームをダウンロードしておく
  • 念のためファクトリリセットする (いらないかもしれないが)
  • 初期ROM(LG1)を焼いてunrootする
  • kiesつかってアップデートする(失敗) OTAアップデートする
  • rootを取得し直す
  • TriangleAwayを使ってflash counterをリセットする (必須ではないですが、お財布使いたい場合は必要)

ファクトリリセット

電源を切り、ボリューム上ボタンとホームボタンを押しながら電源を入れます。私はCWMリカバリ入れているので、以下のCWMリカバリ画面になりますので、wipe data/factory reset を選択します。標準リカバリの場合、ファクトリリセットすると、内蔵ストレージの内容全て消えるらしいので注意してください。

CWMrecovery

これはすぐに終わるので、reboot system now を選択し、再起動します。

ようこそ画面が表示されれば成功です。電源を切り、一端USBを抜きます。

 

標準リカバリに戻す

※kiesが起動している場合は終了してください。終了したつもりでもタスクトレイに入っている場合もあります。私は念のためタスクマネージャー使って強制的に、kiesTraAgent.exe と、KiesPDLR.exe を終了しました。

PC上でodinを起動。ボリューム下ボタンとホームボタンを押しながら電源を入れ、ダウンロードモードで起動しますと、警告が出てボリューム上を押すと、Downloading…. という画面になります。

USBとPCを接続します。

odinを起動しスマホが認識されていることを確認。(私の環境では、COM4 として認識)

odin

PDAにSamMobileからダウンロードして解凍したファイル(SC06DOMALG1_SC06DOMALG1_SC06DDCMALG1_HOME.tar.md5) をセットし、Start を押すと5分ぐらいで焼き終わり、勝手に再起動します。

これで、まっさらな状態に戻りました。

 

kiesを使ってアップデート (失敗)

次はアップデートです。端末のアップデート機能を使ってちまちまとアップデートしてもよいですが、面倒なので一気に4.1.2にアップデートします。kiesすでにインストール済みと仮定します。今回私が使ったkiesのバージョンは2013/7/14現在最新の2.5.3.13052_10でした。※ ちなみに私の環境では、kiesインストール時にComodo Firewall のDefense+ が動いていると、USBドライバが正常にインストールできなかったので、使っている人は注意してください。

一端USBケーブルを抜き、スマホの”本体の設定”->”開発者向けオプション”を開き、USBデバッグにチェックを入れます。kiesを起動し、USBを接続します。

kiesで無事スマホが認識されはしましたが、なぜか現在のファームウェアのバージョンが表示されないためアップデートもできません。何度か接続し直してもだめ。相変わらず動作は遅いし、使えないですね。。。

このままアップデートに進めたとしても、途中で止まりそうなので、地道にOTAアップデートに手段を切り替えたいと思います。

 

OTAアップデート

とりあえず、Wifiを設定し、スマホ上でソフトウェアの更新を地道にやっていきます。

一回目の更新でLG6へ、二回目でLI3へ。ここまでに約15分。先が長そうなので、kiesに試しに繋いでみましたが、やっぱりだめ。

引き続き地道なOTAアップデートは続き、何度もこの画面を見ます。

DVC00065

三回目の更新で、LJ3、四回目でLK2、五回目でMA2。ここまでで約30分。

そして、最後に4.1.2(MF1)へのアップデート。ここまでは数十MBのダウンロード量でしたが、OSバージョンが上がるので、最後は約470MBのダウンロードが必要になります。

最後のアップデートに30分。計1時間ぐらいでアップデート終了しました。ちなみに、アップデートするとメモリ消費量が増えるという情報がありましたので、起動直後に確認してみたところメモリ(RAM)使用量は約755MBでした。こんなもんでしょ。

ではroot取得にチャレンジします。

 

root取得

まずは、root取得に必要なツール一式をそろえておく。私はここからSC-06D_rootSet.zipを頂きました。zipを展開して出てくるsgs3_rooting_supersu_v3.zip を本体の内蔵ストレージのルートディレクトリに置きます。

電源を切り、ボリューム下とホームボタンを押したまま電源を入れ、ダウンロードモードに入る。
※USBケーブルは抜いておかないとダウンロードモードに入れなかったです。(常識?)

PCで、odinを起動しSC-06D_rootSet.zip に入っている cwm_for_sc06d.tar.md5 を PDA にセットする。

odin2

一息入れ、リカバリーモードに入れるように指を準備をし、Startを押す。自動で再起動するので、間髪入れずにボリューム上とホームボタンを押しリカバリーモードに入る。通常起動してしまったり、リカバリーモードに入った時に以下のようにドロイド君がいると、失敗です。odinで、cwm_for_sc06d.tar.md5を焼き直しましょう。初めての人は結構失敗します。

fail-recovery

無事CWMリカバリーモードに入れると、以下の画面になります。

CWMrecovery

“install zip from sdcard” を選択し、”choose zip from sdcard”から、内蔵ストレージにおいたファイルsgs3_rooting_supersu_v3.zipを選択し、

— Installing: /sdcard/sgs3_rooting_supersu_v3.zip
Finding update package…
(省略)
Install from sdcard complete

が表示されればroot取得完了。”+++++Go Back+++++”で戻り、”reboot system now”で再起動しましょう。

後は、アプリ一覧にSuperSUがあれば、root化成功です。

 

TriangleAwayでカウントリセット

TriangleAway v3.00をダウンロードし、インストールします。有料でよければ、Goolge Playにもありますので探してみてください。私の端末では、FLASH COUNTER の Counterが3になっていましたので、これを0に戻します。Reset flash counterをタップするだけです。以上で終了です。 Triangle

 - android, IT技術 ,

336px

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
GoogleIMEで記号入力

GoogleIME をローマ字テーブルを眺めていたら、デフォルトで記号に変換でき …

no image
noRoot Firewall に広告ブロック用のドメインリストをインポート

root なしでAndroidのアプリのNW通信を遮断できる便利なアプリ noR …

no image
proxy.pacのデバッグ@Firefox

プロキシ環境では、プロキシ設定を自動化するためにproxy.pacなるものがよく …

no image
fileコマンドの判定方法@CentOS 5.4

あるファイルが何のファイルかを判別するためのコマンドfileコマンドがありますが …

no image
mysqldump でのバックアップで文字化けする

MySQLのバックアップのため、定期的にmysqldumpでバックアップしている …

no image
Flashのインストール@Fedora 17

LinuxにFlashインストールするのも随分楽になりました。 今ではAdobe …

no image
ネットワーク遅延のシミュレーション@CentOS 5

最近のLinux では、簡単にネットワーク遅延をシミュレーションできるようです。 …

no image
コマンドプロンプトを任意のフォルダから開く@Windows 7

Shiftを押しながらフォルダを右クリックすることで、”コマンドウィ …

no image
Fedora 16 のLive CD (iso) を USBメモリから起動する @ grub2

まずはじめに、結論から言うと、Ubuntu の iso はUSBメモリから直接起 …

no image
電車の運行情報をチェックしてメール送信をするシェルスクリプト@bash

電車の遅延や事故などの運行情報を公開しているサイトがありますが、使用している路線 …