Mazn.net

やってみて 調べてみて 苦労しなけりゃ 箱は動かじ

KVM on KVM @ Fedora 17

      2013/07/15

最近のLinuxカーネルは、KVMのネスト (KVMのゲストOS上でKVMを動かす)ができますのでやってみました。
※古いカーネルではできないようですが、Fedora 17のカーネルは対応済みです。

デフォルトは、ネスト機能がOFFになっています。

# cat /etc/issue
Fedora release 17 (Beefy Miracle)
Kernel \r on an \m (\l)
# cat /sys/module/kvm_intel/parameters/nested
N

ホストOS(Fedora 17)の設定を変更します。/etc/modprobe.d/kvm-nested.conf ファイルを作って以下を記述。

options kvm_intel nested=1
モジュールをリロード
# modprobe -r kvm_intel
# modprobe kvm_intel
ちなみに、KVMがすでに動いていると、-r する時に以下のようなエラーが出てしまいますので注意してください。
FATAL: Module kvm_intel is in use.

有効になったことを確認します。

# cat /sys/module/kvm_intel/parameters/nested
Y
次にゲストOSの設定です。普通にvirt-managerでゲストを作ると、ゲスト内でのCPUのタイプが”QEMU Virtual CPU”となり、仮想化を使うことができません。(表示例はゲストOSにCentOS6を使用)
# cat /proc/cpuinfo | grep -e "model name" -e "vmx"
model name      : QEMU Virtual CPU version 1.0.1
よって、一端ゲストOSを停止し、CPUのタイプを変更します。Fedora 17の仮想マシンマネージャーでは、以下のように”ホストCPUのコピーの設定”というボタンがあるので、これをクリックするだけです。
virtmanager
私のホストの環境は、”Intel(R) Core(TM) i5 CPU   661  @ 3.33GHz”で、ボタンをクリックすると上記のように”Westmere”が自動的に設定されました。ちなみに、設定前と設置後のゲストOSの設定xmlファイルのdiffを見ると以下のように行が追加されていました。
     <pae/>
   </features>
+  <cpu mode='custom' match='exact'>
+    <model fallback='allow'>Westmere</model>
+    <vendor>Intel</vendor>
+    <feature policy='require' name='tm2'/>
+    <feature policy='require' name='est'/>
+    <feature policy='require' name='monitor'/>
+    <feature policy='require' name='ss'/>
+    <feature policy='require' name='vme'/>
+    <feature policy='require' name='dtes64'/>
+    <feature policy='require' name='rdtscp'/>
+    <feature policy='require' name='ht'/>
+    <feature policy='require' name='ds'/>
+    <feature policy='require' name='pbe'/>
+    <feature policy='require' name='tm'/>
+    <feature policy='require' name='pdcm'/>
+    <feature policy='require' name='vmx'/>
+    <feature policy='require' name='ds_cpl'/>
+    <feature policy='require' name='pclmuldq'/>
+    <feature policy='require' name='xtpr'/>
+    <feature policy='require' name='acpi'/>
+  </cpu>
   <clock offset='utc'/>
   <on_poweroff>destroy</on_poweroff>
では、再度ゲストOSを起動し、ゲスト内でCPUの情報を見てみます。
# cat /proc/cpuinfo | grep -e "model name" -e "vmx"
model name      : Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU     T7700  @ 2.40GHz
flags           : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush 
mmx fxsr sse sse2 ss syscall nx rdtscp lm constant_tsc arch_perfmon rep_good unfair_spinlock 
pni pclmulqdq vmx ssse3 cx16 sse4_1 sse4_2 popcnt aes hypervisor lahf_lm
model name      : Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU     T7700  @ 2.40GHz
flags           : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush 
mmx fxsr sse sse2 ss syscall nx rdtscp lm constant_tsc arch_perfmon rep_good unfair_spinlock 
pni pclmulqdq vmx ssse3 cx16 sse4_1 sse4_2 popcnt aes hypervisor lahf_lm
ホストとはCPUのmodelが異なりますが、仮想化を使うためのvmxビットがうまく立ちました。
ゲストOS上でのゲストOSの作成は特に特別な操作は必要ありません。

 - IT技術, サーバ構築 , ,

336px

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
ポート監視やwatchdogで簡易サーバ監視@CentOS 5

アカウント共有型のレンタルサーバならサーバが落ちても、管理者の方が監視してくれて …

no image
スイッチの初期化 @ Cisco Catalyst 2960

スイッチのパスワードを忘れてしまいログインできなくなった場合は初期化することにな …

no image
ネットワーク遅延のシミュレーション@CentOS 5

最近のLinux では、簡単にネットワーク遅延をシミュレーションできるようです。 …

no image
Firefox検索フォームに検索履歴ボタンを追加する@Firefox 3.0

Firefox の検索欄は、検索履歴を覚えてくれ、↓を押すと履歴が出てきます。し …

no image
Windowsが勝手に再起動するのを防止@Windows Vista

Windows Vistaで、Windowsを更新して、ほったらかしていると勝手 …

no image
Search Everything 日本語版

WordPressのページ機能でページを作成しても、検索窓の検索対象になりません …

no image
iptablesの操作@Fedora 17

iptables を起動時に自動起動するようにする # system enabl …

no image
ciscoコマンド覚え書き

普段あまりcisco製品触ることないので単なる覚え書き いろいろな情報を一気に取 …

no image
CygwinでWindowsの拡張子に関連づけられたファイルを簡単に開く

Cygwin 使っていると、コマンドラインでいろいろと処理したくなりますよね? …

no image
Systemtapを使ってみる@RHEL 5.5 x86_64

Systemtap を使用してみたので覚え書き。 Systemtapでは、動的に …