Mazn.net

やってみて 調べてみて 苦労しなけりゃ 箱は動かじ

systemdやsystemctlコマンドを少し調べてみた

      2013/07/15

systemd が使いにくいので避けていたのですが、やっとFedora 15 を 17 にアップデートしてみました。実はFedora 15もsystemdを採用しているがまだ随分とSystemV系のスクリプトが残っていた。しかしFedora 17ではsystemdを使いこなさないとサーバ運用できないので、調べた結果をまとめてみた。 (Upstartは短命だったな。。。)

まずは、どんなサービスがあるか一覧を確認。

# systemctl --full list-unit-files
UNIT FILE                               STATE
proc-sys-fs-binfmt_misc.automount       static
dev-hugepages.mount                     static
dev-mqueue.mount                        static
media.mount                             static
proc-sys-fs-binfmt_misc.mount           static
sys-fs-fuse-connections.mount           static
.... (省略) ....
httpd-event.service                     disabled
httpd-worker.service                    disabled
httpd.service                           disabled
ip6tables.service                       enabled
iptables.service                        enabled
... (省略) ....

Apache (httpd.service)  は無効(disabled)になっているのが分かるし、ファイアウォール(iptables) は有効(enable)になっているのが分かる。static はおそらくシステム必須のもので変更できないやつかな?(後で調べてみよう)

ちなみに、関連するファイルは/usr/lib/systemd/systemにあるみたい。/usr/lib/systemd/system/httpd.service ファイルの中身はFedora 17の場合こんな内容だった。

[Unit]
Description=The Apache HTTP Server (prefork MPM)
After=syslog.target network.target remote-fs.target nss-lookup.target

[Service]
Type=forking
PIDFile=/var/run/httpd/httpd.pid
EnvironmentFile=/etc/sysconfig/httpd
ExecStart=/usr/sbin/httpd $OPTIONS -k start
ExecReload=/usr/sbin/httpd $OPTIONS -t
ExecReload=/bin/kill -HUP $MAINPID
ExecStop=/usr/sbin/httpd $OPTIONS -k stop
PrivateTmp=true

[Install]
WantedBy=multi-user.target

 

起動してみる。
/etc/init.d/のスクリプト実行するのと比べてコマンド打つのが少し面倒になった。

# systemctl start httpd.service

停止はstartをstopにするだけ。

# systemctl stop httpd.service

 

上記はあくまで手動での起動・停止なので、次はシステム起動時に自動的に起動できるようにしてみる。

# systemctl enable httpd.service
ln -s '/usr/lib/systemd/system/httpd.service' '/etc/systemd/system/multi-user.target.wants/httpd.service'

System Vと同じく、シンボリックリンクを作って自動起動を制御しているみたいなので、手動でシンボリックリンク作ってもいけそうだ。

有効になったかどうかを確認してみると、無事enableになったのが確認できた。

# systemctl --full list-unit-files | grep httpd.service
httpd.service                           enabled

無効はenableの逆、disalbe を使う。

# systemctl disable httpd.service
rm '/etc/systemd/system/multi-user.target.wants/httpd.service'

 

以上、基本操作はこんなところでしょうか。そのうちシステムの起動プロセスも調べてみよう。

 - IT技術, サーバ構築 , ,

336px

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
Git 最低限の設定@CentOS 5

分散型バージョン管理システムgit をCentOS 5上で使ってみた。 まずCe …

no image
Windowsのtelnetコマンドの文字コード@Windows XP

限られた環境で、ターミナルのソフトにWindowsのtelnetしかない場合、t …

no image
FoxmarksでXMLパースエラー@Firefox3 on WinXP

Firefox3はリリース日にダウンロードして、インストールまでしてたのですが、 …

no image
サン電子 USBラジオRDPC-101/S購入

自宅にラジオを聞く環境がなかったので、PCで手軽にラジオが聞けるというUSB接続 …

no image
bashでの配列操作

あまりbashの配列操作を書くことがないから覚え書き。 定義方法は &#8220 …

no image
Linuxコンテナ(LXC)内からNFSマウント@Ubuntu 14.04

Ubuntu 14.04 上で作成したLinuxコンテナ内からNFSマウントでき …

no image
Acer AS1410 の無線LAN 11n設定

Acer AS1410購入しました。ついにで無線LANが11nに対応しているので …

no image
ddコマンドと圧縮・展開@CentOS 5

dd コマンドの便利な使い方のあれこれです。 通常ddコマンドは、if, ofの …

no image
コマンドプロンプトを任意のフォルダから開く@Windows 7

Shiftを押しながらフォルダを右クリックすることで、”コマンドウィ …

no image
google analyticsのリアルタイム表示を使ってみた

google アナリティクスが、リアルタイム表示に対応したようです。 申し込めば …