Mazn.net

やってみて 調べてみて 苦労しなけりゃ 箱は動かじ

PS3 Media Server で自動起動できない@Windows 7 64bit

      2011/10/08

PS3 Media Player へ、DLNA環境をWindows Media Playerから乗り換えました。使用したバージョンはpms-setup-windows-1.21.1 です。理由はBRAVIAでFLASHやmp4なども再生したかったからです。ただし、非力なマシンをサーバにすると、コマ落ちして、まともに視聴できないので注意。
※ mp3の早送りは以前書いた通りできません

まずはPMSはJavaが必要なので、Java(Oracle版)をインストール。ここで重要なのが、32bit版Javaをインストールしてあげてください。というのも、あとで述べる自動起動のためのWindowsサービス化ではまります。

つぎにBRAVIA用の設定ファイルの追加です。DTV関係ファイル置き場から、pms avcmod plus v1.21.1.1 というのをダウンロードし、解凍して出てきたrenderersフォルダ内のファイルを、PMSインストールディレクトリのrenderersフォルダにコピーします。また、update.jar をPMSインストールディレクトリにコピーします。

以上で基本的な準備は終了。デスクトップ上にできているショートカットからPMSを起動し、BRAVIAからDLNAアクセスできるか確認しておきましょう。mp4ファイルなどもトランスコードで再生できるはずです。

次にPMSの自動起動設定です。サービスの登録はPMSの基本設定のタブにある、「Windowsサービスに登録」ボタンをクリックするだけです。

が、、これだけでは起動しません。

まず、ショートカットで起動させたPMSを一度終了させ(javawプロセスがいなくなったことをきとんと確認するべし)、サービスで起動させようとすると、プロセスが強制終了したとかいうエラーに 遭遇。ログを読んでみたところ、javaコマンドへのPATHが登録されていないのが原因です。

Windowsの環境設定で、環境変数PATH にjavaコマンドのあるディレクトリを登録してあげます。
具体的にはコントロールパネルのシステムから、システムの詳細設定を選択し、環境変数PATHに、

;C:\Program Files (x86)\Java\jre6\bin

を追加します。※上記は64bit Windowsの場合のデフォルトインストール先です

これでサービスから起動することができるようになりますが、BRAVIAからmp4ファイルをトランスコードで再生できません。そもそも先ほど設定した内容が全く反映されていません。

まずトランスコードできないのは、ショートカットから起動する場合と、サービスから起動する場合でjavaコマンドに渡すオプションが違うのが原因のようです。よって、 C:\Program Files (x86)\PS3 Media Server\win32\service\wrapper.conf を以下のように編集します。

編集前

~ 省略 ~
wrapper.java.classpath.1=win32/service/wrapper.jar
wrapper.java.classpath.2=pms.jar

~ 省略 ~

wrapper.java.additional.1=-Djava.encoding=UTF-8
wrapper.java.additional.2=-Djava.net.preferIPv4Stack=true
wrapper.java.additional.3=-Dstart.service=true

編集後

~ 省略 ~
wrapper.java.classpath.1=win32/service/wrapper.jar
wrapper.java.classpath.2=update.jar
wrapper.java.classpath.3=pms.jar 

~ 省略 ~

wrapper.java.additional.1=-Dfile.encoding=UTF-8
wrapper.java.additional.2=-Djava.net.preferIPv4Stack=true
wrapper.java.additional.3=-Dstart.service=true

これで、サービスを再起動すれば、無事トランスコードで再生できるようになりました。

が、やはり設定が反映されていません。これは、サービスとして起動させると作業フォルダが異なるのが原因のようです。ショートカットで起動した時の設定は、C:\Users\{ユーザ名}\AppData\Roaming\PMS  にPMS.conf, WEB.conf というファイル名で存在します。これをPMSのインストール先ディレクトリC:\Program Files (x86)\PS3 Media Server\にコピーすることで、無事設定の反映させることができました。もしくは、サービスのログオンアカウントを、現在作業しているアカウントに変更する方法でもOKです。

ちなみに、最初に少し述べましたが、64bitのJavaでサービス起動させようとすると、サービス化のために使用しているライブラリwrapper.dllが32bitのため、うまくサービスとして起動できないので注意です。

参考 http://shopdd.blog51.fc2.com/blog-entry-913.html

 - IT技術, サーバ構築 ,

336px

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
Apacheのプロキシ(proxy)機能

Apacheにはフォワードプロキシやリバースプロキシの機能があります。 フォワー …

no image
SD経由で着信音にする方法

通常、SDカード経由で携帯に3gpファイルをコピーした場合、着信音やアラーム音に …

no image
Fedora 17を19にアップグレードする

Fedora 17 のサポートが気づいたら終わっていたので、最新の19にアップグ …

no image
Cのコメント部分を正規表現で検索@vim

ソースコードを機械的に解析する際、コメントが邪魔だったりします。 viでコメント …

no image
ネットワークの遅延を発生させる@CentOS 5

検証などでネットワーク遅延を発生させたい場合、qdisc を使って簡単に実現でき …

no image
CodeReadingWiki 改造版でソースコード解読

etherさん作成のCodeReadingWiki が、ソースコードを読むのにす …

no image
PS3のアップデートチェック

PS3をインターネットに繋いでいると、起動時にソニーのサイトにアップデートチェッ …

no image
vimでBackSpaceが効かない@Cygwin

Cgywin上で、BackSpace が効かず、文字が消せない場合は、~/.vi …

no image
簡単バックアップシェル

サーバ管理していると、ちょっとしたデータを定期的にバックアップしたいことがありま …

no image
GRUBのコマンドラインで、手動でLinuxを起動する@CentOS 5.4

前回の記事で、USBのハードディスクにLinuxを入れたまではいいが、Windo …