Mazn.net

やってみて 調べてみて 苦労しなけりゃ 箱は動かじ

Cisco IOSエミュレータDynamipsを使ってみる@CentOS 5

      2013/07/15

Ciscoのスイッチやルータの設定の勉強をしたくて、DynamipsというCisco IOSエミュレータを使ってみた。

まずはdynamips-0.2.8rc2とその周辺ツールdynagen-0.11.0をダウンロードして解凍。IOSは別途入手する必要があります。

dynagenのディレクトリに以下の設定ファイル(config.net)を作成。

[localhost]
Autostart = true
Workingdir = /root/cisco/tmp/
Console = 2000
UDP = 11000
Debug = 0

[[7200]]
image = /root/cisco/images/c7200-jk9s-mz.124-13b.bin
npe = npe-400
ram = 160

[[ROUTER R1]]
s1/0 = R2 s1/0
model = 7200

[[router R2]]
model = 7200

一つめコンソールでdynamipsを起動

# ./dynamips-0.2.8-RC2-x86.bin -H 7200
Cisco Router Simulation Platform (version 0.2.8-RC2-x86)
Copyright (c) 2005-2007 Christophe Fillot.
Build date: Oct 14 2007 10:41:26

ILT: loaded table "mips64j" from cache.
ILT: loaded table "mips64e" from cache.
ILT: loaded table "ppc32j" from cache.
ILT: loaded table "ppc32e" from cache.
Hypervisor TCP control server started (port 7200).

二つめのコンソールでdynagenを起動

# ./dynagen config.net
Reading configuration file...

Network successfully loaded

Dynagen management console for Dynamips and Pemuwrapper 0.11.0
Copyright (c) 2005-2007 Greg Anuzelli, contributions Pavel Skovajsa

=>

この時、dynamipsには以下のようなログが出力されます。

Shutdown in progress...
Shutdown completed.
CPU0: carved JIT exec zone of 64 Mb into 2048 pages of 32 Kb.
NVRAM is empty, setting config register to 0x2142
C7200 instance 'R1' (id 0):
  VM Status  : 0
  RAM size   : 160 Mb
  IOMEM size : 0 Mb
  NVRAM size : 128 Kb
  NPE model  : npe-400
  Midplane   : vxr
  IOS image  : /root/cisco/images/c7200-jk9s-mz.124-13b.bin

Loading ELF file '/root/cisco/images/c7200-jk9s-mz.124-13b.bin'...
ELF entry point: 0x80008000

C7200 'R1': starting simulation (CPU0 PC=0xffffffffbfc00000), JIT enabled.
CPU0: carved JIT exec zone of 64 Mb into 2048 pages of 32 Kb.
NVRAM is empty, setting config register to 0x2142
C7200 instance 'R2' (id 1):
  VM Status  : 0
  RAM size   : 160 Mb
  IOMEM size : 0 Mb
  NVRAM size : 128 Kb
  NPE model  : npe-400
  Midplane   : vxr
  IOS image  : /root/cisco/images/c7200-jk9s-mz.124-13b.bin

Loading ELF file '/root/cisco/images/c7200-jk9s-mz.124-13b.bin'...
ELF entry point: 0x80008000

C7200 'R2': starting simulation (CPU0 PC=0xffffffffbfc00000), JIT enabled.

さらに他のコンソールを開いて、telnetで接続します。ここでは他のコンピュータから接続しているので、接続先にdynamipsを実行しているサーバのIPを指定します。

# telnet 192.168.0.1 2000
Trying 192.168.0.1...
Connected to 192.168.0.1.
Escape character is '^]'.
  Connected to Dynamips VM "R1" (ID 0, type c7200) - Console port

リターンを押すと、以下ようにcisco 7200の初期設定画面になりますので、適切に設定していきます。

% Please answer 'yes' or 'no'.
Would you like to enter the initial configuration dialog? [yes/no]:

同様にtelnetで2001に接続するとルータR2に接続できます。maznはciscoのルータを使用したことないので、ここには何も書きません、ではなく書けません。

ちなみに、config.netに書いたネットワーク構成を動的に変更することも可能のようです。R1のs1/0ポートに接続しているケーブルを抜くにはdynagenのコンソールで以下のようにします。

=> conf localhost
=>(config-localhost:7200)
=>(config-localhost:7200-router R1) no s1/0 = R2 s1/0

この時、R0に接続したtelnetにはいろいろとログが流れます。再接続するにはnoを省きます。

=>(config-localhost:7200-router R1) s1/0 = R2 s1/0

ちょっと使用しただけなので、どこまでできるかわかりませんが、いろいろと遊べそうです。しかし、残念ながらCatalystのL2スイッチはエミュレーションできないようです。というのもL2スイッチングはASICでのハードウェア処理が基本だからそうです。NM-16ESWというモジュールを使えばそれなりにL2スイッチを使うこともできるようですが、できないことも多々あるようですし、バグもあるようです。もっと気軽に勉強できる環境がどこかにないでしょうか。

参考 : dynagenのチュートリアル

 - IT技術, ネットワーク ,

336px

Comment

  1. とおりすがり より:

    sourceforgeで、pyIOSというCiscoIOSシミュレータを見かけました。
    バグの具合とかはわからないですけど。

  2. mazn より:

    情報ありがとうございます。

    pyIOSちょっとサイトを覗いてみました。2001年から全然バージョンアップされていないようですし、あまり完成度も高くないみたいですね。
    http://sourceforge.net/projects/pyios/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
画面の外に行ってしまったウィンドウを移動する@Windows 7

Windows XPの場合、ウィンドウが画面外に行ってしまって移動できない場合、 …

no image
Windows7 – 非ページ プール割り当ての制限に達したため、サーバーはシステムの非ページ プールから割り当てることができませんでした

Windows7 でファイルの共有(ファイルサーバー)をしていると以下のエラーが …

no image
DLNAサーバ TVersity

PS3はDLNAクライアント機能があるため、ネットワーク上にある音楽や動画を再生 …

no image
firefox アドオン セカンドサーチが動作しない@Firefox 3

いつ頃からかFirefoxのアドオン、セカンドサーチが機能しなくなってしまいまし …

no image
インストールしているFirefox3の拡張機能

Firefox3に追加している拡張機能一覧のメモです。 (Extension L …

no image
TracのDBのスキーマとチケットレポート作成 @ Trac 0.10.3 on Debian Etch

Tracのチケット のレポートを作成するには、TracのDBのスキーマをある程度 …

no image
ローカルファイルの読み取り@Javascript with Rhino

Rhinoを使ったJavascriptスクリプトでファイルを読み込むにはread …

no image
OpenStack LibertyをRDOを使ってインストール on CentOS7(KVM)

ホストOS(CentOS7)に直接OpenStackを入れると、失敗した時が面倒 …

no image
Linuxコンテナ(LXC)内からNFSマウント@Ubuntu 14.04

Ubuntu 14.04 上で作成したLinuxコンテナ内からNFSマウントでき …

no image
Ubuntuの起動画面が途中で見えなくなる@Ubuntu 9.04

Ubuntu 9.04を入れてみました。 起動時の画面が途中で真っ暗になったり、 …