Mazn.net

やってみて 調べてみて 苦労しなけりゃ 箱は動かじ

JSPのJSTLとJSFの混在 – Unified EL(Expression Language)

      2013/07/15

JSFだけでJSPを書いていると、JSPのタグも使いたくなることがあります。今回maznがやりたいと思ったことは、JSFで複数のテーブルを繰り返し出力させる方法です。

単一のテーブルならばJSFのタグ( <h:dataTable>)を使って簡単に作成できますが、さらにこのテーブルを以下のように複数作りたい時に、JSFだけのタグだとうまくいきません。

名前 hogehoge
年齢 21
性別
名前 gehogeho
年齢 45
性別

そこで少し調べて見たところ、JavaEE5からのJSP2.1とJSF1.2からサポートされているUnified-EL (Unified Expression Language)で簡単に実現できました。

JSPはEL式を”${ … } “と、JSFでは “#{ … }”と書きます。JavaEE5からはこの二つを混ぜることができます。つまり複数テーブルを出したい場合はJSTLの<c:forEach>タグを使ってループさせ、中でJSFのタグを使って以下のような感じで複数テーブルを作成することができます。

<c:forEach item="#{personManagedBean.datas}" value="data">
	<table>
	<tr><td>名前</td><td><h:outputText value="#{data.name}"/></td></tr>
	<tr><td>年齢</td><td><h:outputText value="#{data.old}"/></td></tr>
	<tr><td>性別</td><td><h:outputText value="#{data.sex}"/></td></tr>
	</table>
</c:forEach>
 ※なにも見ずに書いたので間違ってるかも

personManagedBeanというマネージドビーンのdatasはList型で、1テーブルに必要なデータが複数入っています。この中の1データをdataという変数で取り出し、JSFの<h:outputText>で内容を出力しています。今回は<table>を使っていますが、<h:dataTable>でも動くと思います。

ちなみにJBoss4.2のJSP, JSFは対応しています。

 - IT技術, プログラミング ,

336px

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
sendip

ネットワークのテストをしたいとき、任意のパケットを送出したい場合があります。Wi …

no image
Googleの検索に検索ツールが出現

GoogleでWeb検索すると、いつの間にか”検索ツール&#8220 …

no image
iモーションのエクスポート属性と着信音について@SH906i

iモーションを自作の着うたにする場合に、エクスポート属性をつけた場合とつけない場 …

no image
Git 最低限の設定@CentOS 5

分散型バージョン管理システムgit をCentOS 5上で使ってみた。 まずCe …

no image
ACL – Access Control List @ RHEL5

ACL (Access Control List) とはファイルシステムの機能で …

no image
SSHキーのfingerprint確認

最近 GitHub の脆弱性つかれたとかで、ssh の fingerprint …

no image
cygwin ck のダブルクリック選択文字列の範囲を変更する

Cygwin 用のターミナルソフトウェア cygwin ck  を便利に使わせて …

no image
apt系コマンド

インストールの管理にDebian系ではaptを使いますが、すぐ忘れてしまうのでメ …

no image
ログアウトしてもプロセスを止めないようにする@bash

bash上で何かプログラムを走らせている時に、ログアウトしてもプロセスを動かし続 …

no image
vim-rubyインストール@Debian etch

vim-rubyを使うとrubyのプログラム編集で、補完機能を使うことができるら …